2015年9月24日 (木)

離れて考えてみよう。

ほぼ1年ぶりの投稿でしょうか。

 
最近はもっぱらTwitterの世界に身を置いていたので、まさかここに戻って悶々と思いを綴る事態が起きようとは。
 
私はね、大野智とは年齢も親子ほど違うし、恋愛対象のつもりはないんですよ。
彼女がいたって、というかむしろ、35にもなるのにいないほうがおかしいだろというぐらいで。
 
と、思ってたよ。
 
前のスキャンダルも、その前のスキャンダルも、その前のスキャンダルも・・・まったくこいつは、と思ったけどわりと第3者的な、冷静に客観的に見届けられた。
でも考えてみたらあれもこれも今までのスキャンダルはどれも過去の写真が流出というものばかりで。
そんなの、昔の彼女のことなんて、昔のやっちゃった事件のことなんて、リアルな恋愛相手だって大丈夫なレベルだったものね。
 
今回は自分でびっくりするほど動揺した。雑誌で顔見てもあーこの撮影時もリア充だったのかって思うと胸がぎゅーとなって。
ラジオも聴けなくなっちゃった。
 
でもそれでもいつか気持ちも落ち着いたら、プライベートが楽しそうで良かった良かったと肯定できる自信はあったよ。
 
 
ふつうはね。
 
今回のはちょっともう…
 
もうここまできたら自分を徹底的に痛めつけて傷つけたくなって、よせばいいのにアラシックの恐ろしいほどの探偵力でさらされた流出ものすべて見届けてやりましたよ。自ら粉々に砕けてやりましたよ。
 
嵐ファンて恐ろしいね。お相手のFB、船長のFBなどちょっとでもスキがあったら見逃さない。
 
お相手の性格とか、流出の意図とか、そんなことはわかるわけないんだからどうでもいい。
私が許せないのは、もっと目の前にいる、大野智本人。
こいつダメ男だったのかな。というショック。
おいらとのプライベートの写真はSNSとかにのっけないでねの一言がきっと言えない男だ。それを優しいととるかダメ男ととるか、こうなった以上ダメ男だよね。
本当に大好きな子との楽しい時間で、大切にしたいのならばそこは思慮深くなるべきだったし、言うべきことは言わなきゃいけない。
だって過去3回それで失敗してるんだからもういい加減覚えろよって話。
 
そして、私が一番許せないのは、
すぐに新聞に載ったコメント―「友達のひとりです」「もう2度と会うことはございません」
これで完全にブチ切れた。
事務所にそう言えといわれたから言うのか、本人の覚悟なのか、知らないけどそれだけの関係ではないのは明々白々なのに2度と会わないと言いきってしまう違和感。
時が経てば、あなたが幸せならそれでもいいよといっさい飲み込むファンだっている。良い対応をすればファン心理ってそういう形に持っていけると思うのに、なんだろ? このファンを悪者に仕立てる感じ。
私たちそんな冷徹じゃないつもりだったのに、お前らが騒ぐから別れてやるよみたいな〔言い方〕
そんなこと望むファンいるかな。
まあ、いるだろうけど、いっぱい。
でも、そんなに簡単に別れられるとは、大切な人じゃなかったということ? となるよね。
智、若い子をつまみ食いしとったんかい?って物凄く不誠実な印象だけが残るよね。たとえお相手さんのほうが不誠実な人だったとしても。
 
あのコメントで少なくとも私の信用度はゼロになった。
 
この人本当の本当に、何も考えていないんだ。
プロとしての意識も、ファンのことも、彼女や友人のことも、
言葉の上だけじゃなく本当に大切に守っていきたいなら、あんな安易なコメントを選ばないはず。
 
もうがっかりです。
 
 
 
 
 
でも、歌とダンス(芝居も?)の才能だけは大切にしたいので、そこだけ何か真剣にやることがあったら見させていただきますが、
それ以外は少し距離置きます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

大野智の涙のワケ

20日、ハワイツアーのライブビューイングを見ることができました。

後で気づいたんだけど、私、場所は違えど嵐ライブで嵐さんやたくさんのアラシックさんたちと同じ時間を共有したのは初めてかも!
 
8年もアラシックやってるくせに。これまで運も度胸もなかったんですね。
 
だから、おーちゃんが泣いてるのが、録画やDVDでなくて今、この時なのだと思って震えた。
そのあと私も一緒になってボロ泣きで、しばらく放心状態。
 
おーちゃんはこう言ってました。(曖昧)
 
昨日(ハワイのホテルの)ベランダで15年前の記憶思い出してたけどあまり覚えてなくて
あの時のわけわかんないモヤモヤした不安を思い出して・・・
 
(涙が込み上げしゃべれなくなる。
 
必死でしゃべろうとするけど声が震えちゃって嗚咽になっちゃう。
うつむいて顔を腕で隠したり、
顔の前で手合わせて”ゴメン”のポーズしたり。
苦笑いしたり。)
 
(そしてようやく顔をあげ)
15年たって、その時のモヤモヤや葛藤はもうないです。
メンバーやスタッフやマネージャー、そして15年支えてくれたみんなのおかげです。
これからも人生を共に歩いていきましょう。
 
 
 
おーちゃんの涙。
その表情の中から私が読み取ったのは、
ああ、デビューの時は本当に不安でつらかったんだなってこと。
ジャニーさんにだましテクを駆使されて、わけもわからずハワイに連れて来られて
気づいたらデビュー。
自分が選んだ道でも望んだ道でもなかった。
ニコニコして、がんばります!って言わなきゃいけない。
他の4人と別の道歩んできたから、自信もない。
ダンス技能はグループではひとり突出しちゃうから封印しなきゃならない。
多くを語らないけどたくさんの葛藤を抱えて必死に立ってた18歳の大野少年の姿を
思い出したんだね。
33歳になったおーちゃんが18歳の大野少年と再会したんだね。
「今の僕は、もうモヤモヤも葛藤もなく、みんなに支えられて生きてるよ」って
あのころの不安げに眉を寄せてた自分に、ハワイに置いてきた18歳の少年に教えてあげているようだった。
「だから大丈夫だよ。一緒に日本に帰ろうよ」って。
 
 
10周年の時とか、24HTVの時とか、折に触れて5人で生きていく、前を向いて生きていく決心を、おーちゃんはすでに語っているから、
 
今回の涙は、その決意を意味するものとはちょっと違ってると思った。
 
彼らにとって、とくにおーちゃんにとって、
再びハワイに降り立つことは、その時の不安と本当の意味で決別する儀式として必要だったんだ。それだけつらかったってこと。
 
 
ジャニーさんも罪だよね。
こんなに15年もトラウマ抱えてたんだよ。
少年たちが。
翔くんだってそう。翔くんの涙は珍しかったけど、目を真っ赤にしてあの時の自分と対話しているようだった。
「嵐って名前、違和感あったけど今は誇りに思ってるぜ」って
翔くんもハワイに残してた17歳の自分を連れた帰れたよね。
 
そんなこと考えて、私も複雑な思いで泣いてましたよ。
 
選民企画だの、ファン置き去りだのと文句いっぱい並べてたハワイツアーだけど、
そういう意味では、彼らにとっては必要だったね。
 
ま、ライブビューイング参加できたから言えるのかもしれない。
 
嵐さん、Jストさん、これからもライブビューイングでいきましょうよ。
これいいよ! ツアー落選した人の救済方法!
ぎすぎすした感なくなるよ。
 
そして大野さん!16年目はスッキリと、
ダンス、歌、芝居のソロ活動をもっともっと刺激的に磨いていきましょうよ。
魅せるばをもっともっと!
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月23日 (土)

髪型

へぇぇぇ

 
巷ノアラシゴト、サトシゴトの一番の話題は
ま、ハワイとか、次のツアーとか、いろいろあるなか、
おーちゃんの髪型ですか?
 
今夜のしやがれの予告でついに黒短髪で前髪上げてるとか。
それでみなさんショック受けて騒いでいるようですけど、 
 
私ねー
 
ぜんぜん気にならないの。
 
そりゃ、前髪は上げてるより下ろしたほうがいいけど
刈り上げ茶髪も好みだったし。
黒髪の刈り上げもクールでよかったし。
 
ま、ね。ルックスでNGは、ごげぱんですかね。
しかも太ってて顔がパンパン。
なのに髪の毛無造作ツンツンでお猿のような。
この3つが揃わなければ、
今の大野智ならぜんぜん、なんでもOKよ。
 
好みは人それぞれだけど、
矢野健太のときのおーちゃんはちょっと苦手。
だった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月17日 (日)

LOVE

なんだかとっても久しぶりのブログ。

最近はもっぱら他のブロガーさんやらTwitterやらを見るだけでもう満足しちゃって、
自分ではもう書かなくてもいいかなって感じだったけど、
なぜ書く気になったかというと、
 
LOVEですよ。
 
Hit The Floor(スペルてきとー)が、もう素晴らしくて、ブルレイ買ってよかったなって思ったんだけど、
 
同時に襲われるがっかり感ですよ。
 
おーちゃんのダンスと歌が素晴らしく進化してるからこそ、
もっとがっつり見たいよ~! 見せてくれよ~!!
という欲望の虜です。
 
それになんか、このLOVEツアー、ロボットダンスとか、モノクロのジャズ風とか、ちょっと本格的なダンス要素取り入れてるでしょ。
そうなると、もう歴然で。
 
大野智のダンス力量、美しさと表現力が突出していることが見えちゃって。
 
嵐はやっぱりうまいといってもジャニーズダンスなのだなと。
踊れば踊るほど感じてしまって。
新しい試みのIntergalactic、モノクロ、大野さん振付のサヨナラのあとで
 
サヨナラのあとでは、いつもの嵐向けというよりおーちゃんらしさがでた振付で、ニュアンス重視という点でちょっと難易度高めだったんじゃないかと思うんだけど、
あーゆーのは、大野智級の人しか踊れないのだと納得してしまった曲披露だったのではと思いましたね。
 
嵐のみなさん、ヘタじゃないんですよ。
元気があって、ガシガシ踊るやつはおーちゃんよりもある意味見ごたえあるのかもしれない。見せ方もよく知ってるしね。
 
でも私は、ロボットダンスは大野智のロボットらしい正確さの巧みを知ってしまったし、ジャズダンスは小手先だけではできない、大野智のジャズも美しさを知ってしまったし、ジャニーズダンスっぽくないダンスこそ、大野智のレベルを求めてしまうから。
 
ごめんね。
 
だから、
 
大野智アングルのブルレイを見たいよー!
 
ジャズダンスをもっと見たい。
ロボットダンスも、あの指1本1本がカチャカチャって動くヤツとか鳥肌だったし、もっと見たい。
 
会場の広さなんて映さなくていいから
カメラ切り替えなんて必要ないから
 
大野智のダンスがもっともっともっと見たい。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

松潤がやっぱりかわいい件 パート2

こんなに何度も松潤のこと書くなんて、

一昔前の私ならありえない!
 
ホント  苦手だったからね。
 
今じゃすっかり角が取れた30男。
グダグダつまらないことを言うこともないし、
ぶれない大野智にじわじわと骨抜きにされ飼いならされたのか。
マッツンに対してはSっ気たっぷりにいじりたくなる相葉ちゃんとか
J! J!とおだてて手中に収める二宮戦法とか、
紆余曲折を経て再び距離が縮まりつつある翔潤とか
 
うまい具合に収まって
なんか付き合いの長さを感じるよね。
 
昨日の佐々木蔵之介さんと飲むしやがれ
 
私が
松潤好きだ!って思ったのが
蔵さんと相葉っちと翔ちゃんが日本酒を運んできたとき、
マッツンはさりげなく翔くんの横に余ってた座布団をとっておーちゃんの座り位置に移動したの。
そういえばそれまでずっとおーちゃんだけ座布団を敷いてなかったんだね
誰も気づかなかった。
余ってる座布団に一番近い翔くんもニノも気づかなかったみたいな、ホント些細なことかもしれないけどこの細かい気配り。
ま、ね。いっちゃなんだけど、おーちゃんにそもそも座布団必要かってこともあるけど。
あの人寝るときに布団さえ敷かない人だから、座布団も、あえて敷かない主義の人かもしれないけど、それはさておき、
マッツン、されげなさすぎて感動しちゃった。
 
こんな今のマッツンが演じるピカンチ。10年後のボン。
どうなってるかな~。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月13日 (金)

ピカンチ

ひさびさにワクワクするニュースで夕べ夜更かししちゃったよヽ(´▽`)/

 
ピカンチの続編が見られるなんて!
30代の嵐くんたちが演じるピカンチが見られるなんて!
 
15周年バンザイ!
 
このところ、もうおばさん疑心暗鬼になってて。
嵐くんたちがだんだん信用できない輩に思えてきて。
 
いやいや、悪いのはけっきょく嵐くんたちじゃなく、取り巻くスタッフなのか、上に立つ事務所サイドなのか、JSなのか、わからんけど。
どこかがファンに対して冷ややかなんでしょうね。
ちょっとだけ小出しに餌巻いて、死闘のチケット&CD争奪戦とかを楽しそうにニヤニヤするドSにちがいないとか。
キャパや枚数多くして、チケットがすぐ手に入るようになったら、有難味ないだろうなんて思う上から目線の最低な輩にちがいないとか。
もう同じこと何回も何回も繰り返してバタバタしてるのに、その必死なファン心理を理解できないアホンダラ。
ハワイとか、上海とか、もう全く私と関係ない騒ぎだわ。
 
と思ってたけど、
 
ピカンチだって!  やだやだ!  どうしよう!
 
うれしすぎる!
 
大好きなのよ。あの世界観。
嵐くんたちがまだまだ若かったっていうのもあるけど、
ゆるくて、アンダーグラウンドで、甘酸っぱくて
おれたちはおれたちで好きなことやるぜって感じの嵐くんたちが好きだったな
あれから5人もいろんなお芝居経験をして、大人になって味わいも変わってくるんだろうな。
あの弱弱しいハルくん、戻ってくるんだろうか。
1児のパパって設定らしいけど、まさかあのおばちゃんと結婚したとか?  それとも子どもだけ押し付けられた相変わらず人のいい不運な男とか?
忠は? 家族は?
(心配なのは相葉ちゃんと、忠の奥さんの関係ですが・・・こだわらず出てほしいです)
 
8月1日~31日  1日4回上映で25万人収容だって
 
ファンの総数からしたら全然少ないけど、
なんか見に行けそうな気がする私。
去年のフィルフェスがとれたから、いい気になってる、私。
だからワクワクしてるんでしょうな。何の確証もなく。
 
 
 
それにしても、なんで東京だけなのでしょうかね(`ε´)
地方のファンも平等にっていう配慮が少しでも見られれば納得もできるけど。
ピカンチってゆるゆる作品だから、しかも2・5だし、どでかく大きな会場で! っていうのは似合わないかもしれないけど、だからこそ、東京一極集中じゃなく、各都道府県のさびれた会場で(さびれてなくていいけど)、じみ~に上映するとかさ。
客なんて入らなくてもいいから、じみ~に、じみ~に、北海道から沖縄まで、島根や鳥取や四国まで、津々浦々でいつでもやってる、そんなゆるじみさがほしかったけどね。
そういうのをさ、ファンをまず安心させるために先に発表するべきよ。
 
なんだろね。
少数選定主義。
 
翔くんの言ってることもよくわかるよ。
ハワイは特別。
その嵐くんたちの想いはとってもよくわかる。
しかもこれはハワイ側からのオファーだしね。
 
だとしたら、なおさらここでいろんな気配りするのがスタッフの仕事じゃないかと思うよ。
翔くんに雑誌で言い分けさせるなんてことないように。
ライブビューイングをドームでやることを同時発表するとか、
大勢のいけない組のために、なにかを用意する心配りがあってもいいのに。
 
みんなで喜び合える15周年にしようよ。
切に願う。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月21日 (水)

潮時かも・・・

まったくね・・・

 
アゲアゲになかなかなれない私です。
 
 
雑誌CUTを注文してて昨日届きました。
ドラマに合わせた大野智雑誌祭の時期は、たいがい3冊まで!とか自分に制約つけて吟味して吟味して選びますが、CUTは前情報で、テキストがとても良いかもという期待の下、購入を決めたのです。中身見る前にね。無くならないうちにね。
でもいざ見てみたら、、、、う~ん・・・でした。期待しすぎたかな。
 
生い立ちから最新作「死神くん」まで
大野智は何を選び生きてきたのか?
 
こんな意味深なタイトルなら、期待も膨らむってもんでしょ。
写真もすごい、睨んでる(言い方)。
だけど、私だけの感じ方かもしれないけど、30のQ&Aもほとんど知ってる情報ばかり。しいてあげるなら、中1のときにワープロ買ったんだΣ(・ω・ノ)ノ! あの大野智が!ワープロ!
使ったんかい?!ってことぐらい。
 
自由=練習    
生きがい=解放
 
この2つは興味深いけど実におーちゃんらしい。
 
これらをもっと掘り下げて、言葉の足りない大野智を補ってミステリアスな部分を紐解き魅力を引き出してほしかったけど。なんかそれ以上あまりひろがらないインタビューだったみたい。ってか古河晋さん、あんまり大野智に興味なかったのかな。と思わせる。
写真はすごくカッコよかったよ。良すぎちゃって、恥ずかしい。もしかしてちょっとおふざけ入っちゃってないか?って思うくらい、笑っちゃう。
おーちゃんの心境を考えると、
(やだなー、オイラこーゆーの苦手なんだよなー。恥ずかしんだよなー。なんか設定入れちゃおっかな)ってのが伝わってくるような。
でも写真がえらく決め決めだから、よけいにテキストがバカっぽく見えちゃって、なんか悲しい。
 
あ、あくまで私の色眼鏡が暴走した感想ですが。
でも、けっきょく、タイトルにあった「何を選び生きてきたか」わかりました?
私はわからなかった。それほどたいそうなことは書かれてなかったと思うけど。
 
 
 
 
 
 
 
そして、同時に届いたアラフェス13ブルレイ。
 
ブルレイはほんと、キレイ!!
 
でも、でも、
 
全国のアラシックが今まさに幸せの絶頂にあるときに、なぜ私はこんなにドヨ~ンとしてるのかというと・・・。
 
あらためて、自分と嵐の距離というか、いわゆるアラシック熱と私の温度の違いを悟ってしまったというか。
 
やっぱり私が一番ワクワクした嵐の姿は、2007~2010くらいかな。
一番脂がのってきて、でもまだ、大スターじゃない、自由な小者スターってぐらい。歌も、最近連発するような壮大なモンじゃなく、ちょっと日常の楽しさとかやりきれなさとか、がんばってんだぞ、俺ら。みたいな愛しさの詰まったステキな曲が多かったころ。
あの、表舞台になりきれない曲の数々に惚れたのです。
 
DVDにもいろいろメイキングつけたり、身内でわちゃわちゃくすぐりあう小動物的な楽しさ。
出来上がっちゃう前の発展途上なかんじ。なんか足りない未完成な若者のかんじ。頼りないけど一生懸命なかんじ。
かわいいな~、この息子たちってかんじ。
 
ま、仕方ないよね、全員が三十路兄さんになったんだもの。
 
でも正直、私、もうあんまりドキドキしないのかも。
もうこれ以上すごいものは見せてくれないだろうな。ってか、もうそんなすごいもの見たいとも思わない。
大野智はすごい人だけど、そのすごさを堪能できるのはあの頃のDVDで、今のDVDやブルレイじゃない。きっとこの先も。
 
 
悲しいかな、そんなことをふと考えてしまったのでした。
 
今はね。
また明日は、ガラッと気持ち変わってキャーキャー言ってるかも。
 
でも、どう考えても、ハワイは私には関係ないし、たとえ国内だったとしても豆粒のような嵐を見てDVDより満足できるのか自信ない。
 
だからって応援しないわけじゃないですよ。やっぱりいつまでもおーちゃんは特別な存在だし。いったん落ちたら這い上がれない沼だもの。
 
これからも地味に地味に見守っていきますけどね。
 
たぶん
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

ももクロVS嵐

おもしろかった~(*^ω^*)ノ彡

 
楽しい要素が満載でしたね~♬
まず、ニノライダーでしょ。
翔くんがもう笑いが止まらずに苦しそうでしたけど幸せそうでした。
 
ああいうのかぶるとニノはのってくるよね。
無言を徹してシャキン!のきれのよさよ。
ぜひライダー衣装買い取ってワクワクで着てほしいです。
 
そしてももクロちゃんたち。
私、この時間外出してたので、帰ってきたら娘からVS嵐・ももクロ・国立対決がツイッターのトレンドになってなんか嵐ファンが炎上してるよ。って教えてもらって、逆に期待値高まりました。
 
まったく、最近の嵐ファンはすぐ炎上する。
というか、絶対数が大きいから、ひとりひとりではちょっとの動きでも総じて大きな波動になっちゃうのかな。それとも、やっぱり嵐ファンはストレスたまってるのかも。
 
本編よりメイキングやオマケが数倍多いエイトのDVDを見せびらかして「だから嵐ファンはかわいそうね」ってほくそ笑んでるエイトファンの娘と比べるとね。
 
それはさておき、嵐とかかわると炎上してしまう、頑張ってるアイドルちゃんたちをヒリヒリドキドキしながら見るのもひとつの楽しみ方です。ドS( ̄◆ ̄;)
私はももクロちゃんも、菊地亜美ちゃんも好きですよ。
嵐だからって腫れ物に触るような接し方をせずに、怖いもの知らずでぶつかってくれるところ。
 
菊地亜美ちゃん、前回、松潤をイライラさせたとかでこれまた炎上したそうですが、私にいわせりゃなんでこんな些細なことで・・・って思うようなこと。
あの子はだいぶがんばってますよ。空気読めないふりをずいぶん計算して体当たりしてます。えらい子だと思います。
 
前回、炎上したんだって? ってそれを横で聞いている松潤の申し訳なさそうな優しい顔が切なかった。被害被ってるのは松潤もそうだからね。自分が発端の「イライラする」発言のせいでファンが「菊地亜美キライ!」に流れて、わざわざブログを荒らしに行くって、
ねえ・・・。結果松潤がいじめを勧めたみたいになっちゃって、今後の松潤の手足をも縛る行為をファンはしてるわけだからね。
 
だけどそんな浅はかな脅しに負けない菊地亜美ちゃんやももクロちゃん、そしてニノライダーも絡んで、ほんとに今回のVS嵐は見どころ満載だった。
バカリくんも好きだし、堤下さんも相性いいし。
 
もちろん!  おーちゃんのキーの高い、ももクロ風気合の入れ方、よかったよ。
おまえらが負けるかぁ、ウチラが負けるかぁ、そんなのやってみないとわかんなよぅ
って、100%大野智クウォリティで安心しました。(*^ー゚)bグッジョブ!!
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

ヒール芝居

しやがれの キムラ緑子さんの回です。

 
私はね、こういうのすごく楽しみだったんです。
嵐の好感度を下げるとか、
好感度なんてクソくらえと思ってたりするので。
いやいや、それは語弊あるか。
人気アイドルだからって、かっこいい役とか爽やかな主役とか
そんな狭い枠にとらわれず、
嵐は役者稼業も一人前にやっているんだから、嫌われるヒール役もどんどん挑戦していったほしいから。
 
ホント言うとね、おーちゃんにこそそういうのやってほしかったんだけど、話によると自分から辞退したとか。まあね、最高に穏やかな性格上、台本なしのエチュードで怒鳴ったりいじめたりっていうのは自分の引き出しにない物は出せないかもしれないけどね。
それでも役者大野さんが本気になったらできたと思いますよ。
 
今期ドラマ、MOZUの吉田鋼太郎さんやルーズベルトゲームの香川照之さんのように、存在感がすごいヒール役っていうのはドラマをピリリと面白くする。
そういう意味でも見ごたえのあるしやがれになったと思います。
 
緊張感や本気度が強い芝居ほど、見てるこっちもワクワクしてくる。というのは、私はちょっとSっ気あるのかも。
嵐たちのいびり方より緑子さんのいびり方のほうが納得いくのは、男女の違いがあるのかも。嵐のを見てると、もっとここ、こーやってネチネチやればいいのに~~と歯がゆく思ったりして。
翔くんも相葉ちゃんも、好感度捨てきれてないよ~~~なんて。
 
その点、松潤はさすがと思いましたね。ヒール役の経験あるんだっけ?  最初の入りで携帯電話で架空の第3者を出し、そこでの明るい会話とADへの冷たい声のトーンで違いを出すとか、うまく練り上げられてますね。松潤、芝居うまくなったなー。流れがいい。
つーか、松潤はそもそも怖い!だから迫力が違う。
その迫力に、胸が躍った。
そしてなにより、終わった後、素に戻った彼の「キャンheart02」ってかわいい叫びは何?
女子?
おーちゃんにすかさず駆け寄って、HUGHUG、頭なでなで
身を任せ目を閉じるおーちゃん・・・
なんじゃ、あれは!  しあわせ過ぎてリピリピ。
 
ニノにも期待したけど、いじめ方にもう一つ工夫がほしかったかな。やることがちょっとかわいいんだもの。もうひとつ、ゾゾッとするような陰険なものがあるとよかったけど。
 
そして、通しでいじめられ役に徹した大野さん。芝居は片方のみでは成立せず、あのおどおどした芝居は、地味だけど引き立て役としてとても良かったですね。毎回失敗ネタを変えてくる。自分で考えてるとしたらすごいなー。細かいところにこだわる人です。
 
緑子さん相手の時は初回だったのもあるけど、緑子さんがうますぎるせいか、おーちゃんがかわいそうで見ててつらかった。
でも、嵐相手の4回は、もっと、もっと、そう、もっとおーちゃんをいじめてあげて!って思っちゃった。
Sだからかな?
いやいや、おーちゃんがいじめ受ける気満々の芝居で来るから、いじめる側も本気でぶつかって!って思うのは礼儀として当然よね。
 
でもね、やっぱり最後は、ADさんて大変なんだなってねぎらってあげたくなるの、わかりますよ。
お疲れさま。みなさん。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

天才と○○は紙一重

いやー、楽しみに待っていたBETde嵐の鉄筋渡り。

おーちゃんがどんな身体能力を発揮してくれるのか。
あるいは意外にもつまずいちゃって落ちちゃうっていう別の意味での神業もなきにしもあらず。
そんなドキドキで見守ってたけど、
なんなんでしょうか。あの人!
 
始まる前、
 
「そうですねー、1回も練習もしてないんで、今なんの気持ちもないですね」
 
という、無の人。
この人は、ホントに常にフラットで居られるんですね。
不思議な人です。
 
おぎやはぎも、私大好きなんですけど、
嵐に対して遠慮がないのが気持ちよくて。
その2人がおーちゃんを、絶賛というかツボるというか、いちいちおもしろがってくれて。
 
だって、マイペースな言動。
 
スタート前の第一声、
 
「寒いな・・・」(できるかなとかこわいなとかじゃなく)
 
矢作:リラックスしてるんだよな
小木:天才ってね、自分のこともよくわかってないんですよ
矢作:天才だからすぐ落ちる可能性もある
小木:紙一重なんですよ
 
そして歩き出したら、ああ!
やっぱり天才のほうだったね。
普通にスタスタ歩いて行っちゃう人。
この人がもし一番手だったら、コレ、軽々行けちゃうやつなんじゃないかと勘違いして映っちゃいますよ。
ほかの人がわざとテレビ的にビビってるふりしてんじゃないかなんてね。
 
そうだ。ダンスと一緒だ。
おーちゃんが踊ると軽々と手を抜いているように見えちゃう。
肩に力が入ってないし、顔も飄々としてるし。
でもスロー再生するとどのポーズも静止画のごとく美しい。
これは並大抵の体のバランスじゃないってことです。
 
鉄骨を渡るおーちゃんは突如身体にしなやかな芯が通って、どんな揺れも吸収して、
いや、
この鉄骨、おーちゃんが渡るときは揺れてない? 揺れる前に渡りきっちゃう技?
 
天才ですよ、仙人ですよ。
 
最後なんて時間なくなったら小走りにピョンピョン渡っちゃった。
 
「行けましたね。意外と疲れるんすね」
 
小木:かっこいいな、コメント
 
伊藤アナ:怖さはありませんでしたか
 
「うーん・・・正直まだよくわかんないすね」
矢作:わかんないってことは感じてないんだよ(呆れ)
 
 
誰もがこの偉業にあっけにとられている時、
ニノだけ真顔なのが気になっちゃいました。
この子はね、ひねくれてるようで、ほんとは素直に顔に出ちゃう子なのです。
大好きなリーダーがすごい記録を出したころ、何を考えていたんだろ。
おーちゃんのことより、自分がうまくいかなかったのをひきずってたかな。
ヘコミやすくて、ナイーブなんですよ。褒められると途端に明るくなるのに。
 
その点、翔くんはハートが強い。 いつでも楽しそうに笑ってます。笑いながら即座に
「やめます!」
潔い。
高所恐怖症を自虐ネタとして使いこなしています。
相葉ちゃんも頑張ったね。トップバッターはハンディだけど頑張ったよ。
渡りながらのあひょひょひょっていう彼の笑い声が耳から離れませんよ。
 
松潤もすごかった。やっぱり鍛えてる+高いところ好きな人はちがうよね。
2回目の障害物の時は、それだけでいうとおーちゃんの記録を超えてるもの。
最後、おーちゃんを意識してバランス崩しながらも走ったものね。
 
でもやっぱり。
私はサトシックheart02
こんなの見ると、惚れ直すよねー。
そして、ことあるごとに、リピリピ。
はぁー、かっこいいわー
なんも考えてないコメントも含め、かっこよく思えますよ。
 
おぎやはぎがいちいちツボってくれるからさらに盛り上がる。
 
矢作:(CCDカメラ装着でさっきとバランス変わるか)あーでもそういうの関係ない人かー
 
矢作:(ぼこぼこゾーンもあっさりクリア)この人ダメだ! 障害物関係ないじゃん!
 
難なく渡り終わったように見えたけど、じつは相当疲れたようで。
見えないところで体力と集中力をたくさん使っているんだと思います。
 
さすがだわ。
これが、大野智です。
 
 
 
 
 
ところで今日のラジオで
おーちゃんが家でモップ付きのスリッパ履いて、
ターンしたりムーンウォークして楽しんでるって話してたけど、
 
あらやだ、(。・w・。 )、私も今モップ付きスリッパ履いてるじゃありませんか。
通販で安かったからだけど、なんで急に買いたくなったのか、
これで自分の潜在意識が覚醒した。
おーちゃんが最近履いてるっていう雑誌の記事を読んだんだ、偶然じゃなかった。
 
 
 
嵐ゴトが連日あわただしく、殺伐としていますが
ハワイだなんてもう夢のまた夢、ハラハラもキリキリももはや感じない、雲の上の人たちになってしまったなー。
なんてちょっと気持ち離れかけたように思ってた。自分。
 
鉄骨渡りだけで引き戻されちゃったなー。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月27日 (日)

死神くん#2

死神エピソード2の感想です。

 
サトシックの私はどうしても親目線で見てしまって客観的になれないのですが、
一般には面白くなってますかね~
 
心配です。
 
2話の主人公は、林ケントくん。
いまNHKドラマの「銀二貫」の主演ですね。
余談ですが、今期、なるべく多くのドラマを録画してますが
こりゃだめだと脱落するものもある、
(ビター・ブラッドは残念ながら・・・。オダジョーの探偵社も二話から見たらエロ過ぎて家族で見るには・・・70年代の探偵ものはあんなんばかりだったけど(゚ー゚;)
そんな中で銀二貫はけっこうたのしみ。
林ケントくんには注目してるので期待して見ました。
 
ほかの出演者とおーちゃんとの関係ですが、部長役の神保さんはしやがれでヘンなマッサージでおーちゃんにドッキリを仕掛けてくれた方ですよね。2人のシーンはアレを思い出しちゃっておかしな気分でした。
 
主任の松重さんと、名前わからないんだけど健太のお父さんで病に臥せってる人は、2002年演技者の「ミツオ」というシュールなドラマでおーちゃんと共演してますよね。タヌキの毛がモサモサ入ったうどんを作ってくる強面の松重豊さん。健太の父ちゃんは裸にボディーペイントのTシャツという不気味さが印象的な役でした。
懐かしい再会なんだろうなーと、しみじみ。
 
そんなことを考えながら、ドラマは進みますが、
おーちゃんの演技は、どうなんですか?
1話よりもだいぶキャラを作っているというか、ちょっと作り過ぎてないかと心配です。
本人的にはすっごく楽しそうなんで、ついつい許してしまいたいですが。
林ケントくんがとてもナチュラルな芝居をしていたので、大野智のひとつひとつコミカルな返しが浮いてしまわないかと。
そのくせ死亡予定者に告知するときの慈悲深い声が綺麗過ぎて同じ人物か?性格破たんしてないか?ってなりませんかね? 大丈夫ですかね。
 
娘が、「死神くん、これ面白いのかな・・・」と不満げにつぶやいたのが気になって気になって( ̄◆ ̄;)
 
娘の感想としては、桐谷美玲ちゃん口汚く罵る設定はいいとしても、ちょっと力が入りすぎててこっちが疲れると言うんです。毎回全力で怒鳴らなくても、いつものドSっ気を発揮してチクチクいじめるんでもいい、というか彼女にはそっちのほうが似合っているような。そしてたまに怒鳴ってグーパンチ!rock  ていう強弱が効果的ではないかと。
 
まあ、美玲ちゃんにはがんばってもらって、早くおーちゃんと息の合ったコンビネーションが生まれることを期待しています。
 
大野智のお遊び演技が、どうか一人完結で浮いてしまわないように。
 
でもね、ほんと。
ドラマとしての感想を度外視して、サトシック的感想を言うと、
ひらりと飛び降りたり飛び上がったりする時の姿勢や肢体が指先まで美しいこと美しいこと。やっぱりダンサーですね。
そして、おふざけの入ったセリフのバリエーションが、達者で。ね~。さすがやねー!って思ってしまいます。
それが浮いてるか浮いてないかは置いといて。
若い役者の林ケントくんとのからみは、どう感じたのでしょうか。
いままで、若い世代との丁々発止があまりない役が多かったので、ケントくんとの掛け合いが見られて心躍りました。おーちゃんにとっても何か刺激が生まれればいいなー。
次回は柄本時生くんとの絡みですね。
期待してます。
期待しすぎて空回りしてるのは私のほうかも。
 
キャラものが多いおーちゃんですが、この「死神くん」、3つの選択肢の中からおーちゃん本人がコレがいいと選んだと知って驚きでした。
ラブストーリーとか刑事ものとか、あの人が選ぶわけないじゃないですか!!
お願いですから、もう今後は2度と本人に選ばせないでくださいね。関係者各位。
そして、こんなのやらせてみたいという、新しいジャンルをどんどんあたえてやってください。
アクションとか時代劇とか。まあ恋愛ものは、本人は似合わないと言っていて私もどうしても想像できないんですが、一度くらいキスシーンとかやらせてみてくださいな。
もうおとななんだから!p(`ε´q)(怒ってる)
 
本人いわく、演技は仕事としてこなしているだけで楽しいと思ってないとのことですが、いつか、刺激を受け「楽しい」と言わしめる影響力のある共演者なり演出家なりが現れることを待ち望んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月21日 (月)

誰も知らない

やっぱりソロ曲がよかったな・・・・

 
あきらめの悪いことを最初に書いてしまった。
 
Mステをとても楽しみにしてたよ。ダンスナンバーだっていうから。
でもね、なんかね。(ボソボソ・・・・)
 
私の中で、ダンスナンバーでいまだに一番好きなのはMONSTERだなー。
センターの後ろから前面に出てくるおーちゃんのダンスと存在感が、もうたまらんよ。
顔を覆う手の美しさと大好きな横顔。ソロパートの艶やかさ。
ゾックゾクするやろ!
 
今回の「誰も知らない」も、
あのおーちゃんを越えられなかった。
 
というか、なんか印象薄い曲なんだよね。
エンゲーとかぶって既視感。
ダンスも。なんか。
もっとおーちゃんのドラマ主題歌にふさわしい、おーちゃんらしいダンスを入れてほしかった。
 
ニノのドラマ主題歌の、GUTS!のほうが、PVの断片的な印象だけだと、みんなで踊れる感じのアゲアゲ曲でテンション上がる。
 
ライブの定番になりそうな予感。
 
だいたいこんな短いサイクルで新曲2曲も出したら、どっちかが潰されるよね。
それをいままでは相葉ちゃんのドラマ主題歌が被害被ってきたんだけど。可哀そうに。
 
なんかね。
曲のひとつひとつが使い捨てされてるようで、とてもイヤなの。
だって1曲ごとに作詞・作曲・編曲・ミュージシャンレコーディング・嵐のレコーディングと、たくさんの人の労力や想いを込めてるわけでしょ。
それがあまりにあっけなくて。
こんなステキな新曲出しましたよ!って力を注いで、時間かけて大切にその曲を育てていってほしいんだ。こういう想いを込めてますから、ぜひみんなも好きになってください!って。
なんか、目まぐるしくて。
 
だったら、やっぱり両A面で、おーちゃんのソロ曲にしてもらって、2曲が被らないような売り方をしたほうがよかったような。
あ、サトシックのただの願望か。
 
 
いま、
過去のカップリングの、オーライ!!とFull of loveを聴きながら書いてるの。
今の時点での印象だけど、
誰も知らないより、これらのほうがよっぽど耳に残って、曲として面白い気がしてる。
多くの人に触れられない運命のカップリングが、こんなに面白いって、とってももったいない!
カップリングは、ライブでも全部やるとは限らないから。取りこぼしもあるからね。
本当に埋もれてしまう。
 
 
あ、また愚痴で終わりそうなので
明るいこと書いて終わりましょか。
 
死神くん。2話目、楽しみ!超!
おーちゃんもちょっとおふざけが入って楽しくなってるよね。ぜったい;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
視聴率よいといいなー
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月10日 (木)

トーキョーライブ24時

5人とも1回終わった時点で感想書くつもりだったけど

ちょっと遅くなってしまった。

これ、ちょーおもしろいよ!

 

まず最初に言いたいのは

しゃべるナナナがめちゃくちゃカワイイんですけど゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

 

ナナナ@大吉ですけど、なんか気を使った毒舌とかゆるいイントネーションとか

「バナナ社員のナナナですぅ。はっきり言ってコネ入社ですぅ」

もうね、うちの娘はっぱが、ナナナ@大吉さんの物真似ちょーうまいですぅ

しかもパペットの動きがまたキュート!

音楽に合わせてリズムとったり、バタンと倒れたり、ふなっしー並みにヘドバンしたり。

このかわいさが2週間限定なのはもったいない!

 

番組見る目的はジャニーズ5人衆から入ったけど、

今やナナナのかわいさにやられてそこばかりリピってるからね。

 

 

そしてやっぱり5人衆が全く別々の個性なのがよかった。

しょっぱな小山慶ちゃん。慶ちゃんでよかったよ。生放送は慣れてるし、5人の中では一番ふつうの人。

ナナナも慶ちゃんには一番話しやすいらしくいっぱいボケかましてましたね。月曜日はナナナの名言の宝庫でした。

 

火曜日、松ニイ。まさに兄貴!ってかんじで、オレ流のありがたいお言葉も出たりして、畳みかけるようなグイグイいく進行が素晴らしかった。さすが!ディレクターに話を振っちゃったりね。すごいよ。

安心して見てられた。

 

そして水曜日、我らが相葉ちゃん。月・火が難なく過ぎたので、よけいに相葉ちゃんのバタバタしてるのにフワッとしてる落ち着かない進行が心臓に悪いったら( ̄◆ ̄;)

今週水曜日のナナナの第一声のとおり、

「相葉ちゃん、大丈夫?」って、全国の人が思ったと思うよ。

でも、そこが彼の良さでもあって、落ち着いて見返すと、おもしろいよ!

一緒に悩んじゃう、というより一緒に楽しんじゃう相葉スタイルね。

タイトルを忘れたり、ナナナのことをバナナて呼んじゃったり、しまいにゃ「皮むいて食っちゃうぞ!」って、おいおい。

 

木曜日の剛さんは、これこそさすがやねー! しっとりと、悩みに真摯に応えてるもんね。しかもゆるくておもろい。まさに深夜のラジオのかんじでした。

相葉ちゃんの翌日だからもう安心で安心で。

 

最後、ヤス。ヤスは剛と同じトーンになるんかなーと思ったら、やっぱり違うものですね。柔らかさが剛よりはちゃめちゃ。「都会になじめない」というお悩みテーマがやりやすかったのかな。それこそ相葉ちゃんの回よりも一緒に楽しんじゃうというか、共感しあうかんじ。

 

ほんと、5人5様なのが興味深かったし、

我が家には珍しく、リアタイで見て投票に参加したもんね。

私はTVのリモコンから。娘はラインから。

ついでにナナナのラインスタンプもゲットしたらしい。

ふなっしーに追いつけ追い越せの勢いらしいけど、

あくまで大吉さんとセットのナナナですからね。

テレ東さん、誤解のないように。

 

あと2回でトーキョーライブ終わっちゃうんだなー

毎日とっても楽しかったから、

すぐに第2弾を決めてください。

待ってますよー。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月27日 (木)

松潤がやっぱりかわいい件

私、何度も書いてるけど松潤タイプが苦手だった。

あ、過去形ね。
 
今はほんと、かわいくて愛しくてしかたないから。
 
嵐に興味を持ち始めたころは、
おーちゃんだったら、歌、ダンス、アート、憑依型のお芝居、シュールな笑いの感性といういろんな才能。
ニノなら、ナチュラルで天才系のお芝居センス、頭の回転早い俯瞰で全体を見るような突っ込み、ギターと作曲もできる。
翔くんは、何と言ってもサクラップ!(これがなきゃ嵐じゃない)、 そしてしゃべりと仕切りのうまさも必須。
相葉ちゃんは、バラエティー番組の才能はすごいし、あの人はすべての人を幸せにする魔法を持っている気がする。嵐のムードメーカーは彼。優しさも楽しさもおもしろさも彼が握っているといっても過言ではない。
これはみんな素晴らしい才能だなって思った。
でも、松潤の才能が思い浮かばなかったの。色気とかセクシーとかそういうの一般には受けても私にはぜんぜん響かなかったし、20代中ごろまでのギラつきも苦手だし、まとまりのない長い喋りも苦手だし、あげるときりがないほど・・・(-_-;)たったひとり、私にとっては苦手な塊で、ほかの4人が松潤に遠慮している感じもすごく嫌で、なんで彼は嵐なのか・・・なんてとっても失礼なことまで考えてたよ。ごめん。
 
でも、憑き物が取れたような30代の今の松潤はどうよ。
苦手からのスタートだからそのギャップが激しすぎて、
もう、かわいくてかわいくて。
この子、もしかしてとっても天然なのかも?って。
ほかの4人もそれをよくわかっていて、松潤がしゃべりだすとみんなツボってるのよ。
 
なにいってんの?この人( ´艸`)プププっていう目で見守ってるのがすごく好き。
 
私もようやくその空気感を理解することができた。
ちょっとピントのずれたことを、一生懸命しゃべって、しゃべればしゃべるほどドツボにはまってグルグルしちゃう。(*^m^)
 
しやがれの宮崎あおいちゃんの回でも、
洋服屋さんでパーカーのいろんな色並べて次から次へと試着してる(ゼスチャー)・・・
 
え? いろんな色?( ̄◆ ̄;) (ニノ)
 
そのゼスチャーにいちいちツボるおーちゃん
 
解ってもらおうとすればするほど焦って焦って、長ーい説明になっちゃう松潤( ´艸`)プププ
 
松潤は(買い物が)長いと思う。いちいちこれ(試着のゼスチャー)やるから。というおーちゃんに、最後の松潤のオチの一言。
 
オレ長くないよ。なぜならこれちょー早いから!
って高速の試着ゼスチャーをまじめにする松潤した(爆)
 
なるほど。これを天使というのか。
 
自分の天然をわかっていない、まさに天使でした。
 
 
松潤の才能は、そのクソ真面目さだと知った。
ダンスも、説明も、理解しようとする姿勢も、ものすごい粘着体質。そして一生懸命。嵐のことを真面目にまじめに一生懸命考えている。
これ、なかなかできることじゃないし、
一見、目立ちたがりやな彼だけど、本当の彼の良いところは、裏方でコツコツ嵐を支えてるところだと思った。
そんなところ、これからも応援していきます。
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月21日 (金)

ふなっしーとSMAP

最近なんか心を温かくしたいとき

 

ついつい、ふなっしーとあつっしーが出たスマスマを見返しちゃう。
よかったなーあれ。
 
やっぱりSMAPはすごいよ
 
キムタク兄さんはすごい。
慎吾ちゃんもすごい。
 
一概に嵐と比べることはできないけど、
でもやっぱり、嵐よりずっと大人だし、スターだし、できた人たちだと思う。
 
 
何がって、ふなっしーに対するあの対応ですよ。
 
最初はね、ふなっしーに対して、
よくあるバラエティーのいじり方で、
下世話なお金の話を聞いたり、
どれだけ身体能力が高いかみたいな容赦ないお遊び。
 
そんななかでも、中居くんが
「ふなっしー水分補給は?」
と、いったんふなっしーだけ退場させて
その間にあつっしーにもスポットを当てて番宣させる
その流れのさりげなさ。
うまいよね。
 
ふなっしーが強烈キャラだから
ともするとゲストのもうひとりが埋もれちゃうことを
ちゃんと気配りして調整する。
 
嵐の番組ではたまにそういうところでストレス感じちゃうんだけどね。
 
でも中居くん、ちょっと前まで私
(この人、ゲストへのリスペクトの足りないところがあるな)
と感じていたけど、
ずいぶん変わった、印象。
 
 
そして慎吾ちゃんはふなっしーとは毎週いいともで一緒だから、
水分補給のタイミングとか、イリュージョンの使い方とか、
一番よく理解してて気を使ってくれていた。
 
 
つよぽんとゴローちゃんとキムタク兄さんは、
ふなっしーという不思議な存在に
とにかく興味津々というところから始まっていたけど、
イリュージョンから漏れる中の熱気が物凄いんだと知った時、
興味から優しさに変わっていった。
 
とくにキムタク兄さんは
「これ、内腿に挟むといいよ」とアイスノンを差し入れてくれたり、
こまめに水分補給してくれたり、
あの人、すごい気が利く、デキル人なんですよ。
ぶっきらぼうだけど温かいというか。
そんなところも含め人の心を鷲掴みしちゃうんでしょうね。
スターだわ。根っからの。
 
だってね、水差し入れるとき、
イリュージョンのところを
トントンってノックするんですよ(*゚ー゚*)
 
ズッキューーーン だよね
 
 
そしてそして、きわめつけ。
何度もリピしてしまうところ。
 
「TVで見てるだけんときは、なんだコイツ!って思ってたけど、(思ってたっぽいね…(-_-;))
でもホント頑張ってんだね。オレこれから応援するよ」
 
こんなツンデレな言葉をかけられたら、
そりゃあね、ふなっしーも
 
「あひゃっっ(照)  ありがとございますなっしー(ぺこり、ぺこり)
…うふふ…(鼻声)    …嬉しいなっしなー
泣けてきちゃったなっしー(´;ω;`)ウウ・・・
ぐしゅ…(鼻をすする音)」
 
 
もうね、見てるこっちがジーンときちゃって…
もらい泣きしてしまったよ
 
だってふなっしーはほんとにがんばってるからね。
ただ目立ちたくてやってるわけじゃなくて、
ほんとに、みんなを喜ばせたいってサービス精神の塊だからね。
踏まれたって転んだって、立ち上がってきたんだよね。
 
それをさ、こんなスターにさ、認めてもらったなんてさ
嬉しいよね。
 
 
嬉しいよ  私も。
 
 
だからそのあとのしんごっしーの半端ないサービス精神にまで
ジーンときちゃったよ。
 
 
裏でやってた、翔くんのしゃべくりも、
気持ち悪いほど細かい翔くん、面白かったけど、
 
でもごめんね
 
スマスマのふなっしーは、保存版だわ
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月11日 (火)

翔くん ごめんね

来週のしゃべくりに翔くんが出るっていうから

録画予約しようと思ったら
裏のスマスマにふなっしーが出るって
 
 
ごめんね 翔くん
 
 
うちでは 翔くん<ふなっしー なのです
 
 
私だけの意向では決められないけど
 
おーちゃん≧ふなっしー
でもたまに
 
おーちゃん≦関ジャニ∞だったりする
 
子ども相手に大人げないことできないのでcrying
 
そんなわけです
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

大野智のソロ曲を

こんな野望を抱いてしまって、ひとりでクスクスほくそ笑んでいます。

ニノとおーちゃんと、4月ドラマが重なりますね。
主題歌はどうなるのかな。
日テレはいろいろとお世話になってるから
ニノドラマはぜひ嵐の新曲で。
おーちゃんのテレ朝のナイトドラマは、
無理して嵐2曲も新曲とか、欲張っちゃいけないような
だから
そーですよ。
 
ダンダンダンnoteのときのように
ぜひ大野智さんのソロ曲を主題歌に!happy02happy02
お願いします。
いかがですか? テレ朝さん! ジャニーズ事務所さん!
あるんじゃない?あるんじゃない?
ひそかに期待してますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月28日 (金)

VSかざまぽん

ああ! 楽しかった!

私のかざぽん歴は、嵐より長いからね。
金八先生で知ってJrの番組見て、アレ?この子ってホントは意地悪な子じゃなくて陽気でよくしゃべる子なんだと知って、ちょっと注目してたからね。
おーちゃんは京都行ってたからそのころの東京Jrとの関係性がつながらないんだけど、あのへんは同世代の幼馴染みなんですね。みんな楽しそう。ワチャワチャガチャガチャして。
かざぽん効果か。なんなのか。
最近とみに相葉ちゃんのやさしさがかわいく感じててheart02
こんな子、そばにいてほしいなーって本気で思う。
お友達のかざまぽんと一緒だと、よけいに楽しさ倍増、やさしさ倍増。相葉ちゃんは声がとても優しくて好きです。最初聞いた時はガサガサして雑味の多い声質だと思ったけど、大人になってそれが優しい声に変化してきた。通りにくい力の抜けた声が逆に思いやりとか気遣いとか寄り添う感じになる。
とくに相葉マナブなんて、大成功の番組じゃないでしょうかね。
相葉ちゃんと芸人さんと無理なく楽しく自由にゆる~く進行して、芸人さん特有の大声張りあげ大騒ぎみたいなこともないから見てて疲れないし、企画も家族で楽しめて学べる。日曜6時ってサザエさん枠? それでも大健闘。相葉ちゃんの良いところが前面に出てる上での高視聴率だから、相葉ちゃんそのものがすごいってことです。
だってニノや翔くんの番組は、なんか違うもの。企画ばかりがはりきってて、ゲストも大勢で。
嵐の本質って、ゆるさだと思うんだけど。人気出ちゃうと難しいね。
そういう意味では相葉マナブは、奇跡の番組!
 
 
 
VS嵐に話を戻すと、最近、潤くんも味があってツボってるんだ、私。
あ、松潤を潤くん呼びしてる。
かわいいせいですね。
昔はホント苦手だった。顔の濃さと、くどさと、カッコつけた感じ? 声も、くねくねした腰も、ドSな感じも、まわりくどい長~いおしゃべりも、空気の読めない周囲をヒヤっとさせる発言も。黒髪でさえも。しゃべるとき曲がる口も、ホント、ムカツクほど苦手だった。coldsweats01
他の4人が、触らぬ神に祟りなし~みたいに松潤に気を使ってる感じ? 花男で人気者だから必要以上に持ち上げてる感じ?これもイヤだった。
 
ごめんなさい。
イヤだっただけに信頼しなおした反動のスキスキ感は大きいよheart01heart02
 
元々はへたれキャラだったんだもの。その素養はじゅうぶんあったんだね。
今回VS嵐の、松潤の一言一言のマヌケ感はすばらしい!拍手もの。
バンクボウリングで、かざぽんにエアーハンサムを要求する突飛な提案。
嵐5人+かざぽんでお話してるとき「ハンサムとそれは別だよ」 「了解」の発言(笑)
なんだろ。ギラギラしてるころも今も、基本、松潤の発言て突飛でテンポ狂う感じは同じなんだけど、ギラギラしてる頃は、それが戦慄覚えるような凄みをおびてたのに対し、今のそれはどこか緩やかでオマヌケ感。たぶんその発言が飛び出す頭の中は同じなのに。空気感が違う。
 
このまえの映画とか、今のドラマとか立て続けで、脱ギラギラ男になったせいだよね。きっと。
 
髪の色とか前髪おろす髪型も重要。
そしてニノが「J」呼びしはじめてから、なんか雪解けが始まったのかな。
この人をいじっても、もう怖くないですよーみなさん!って。
 
おーちゃんも松潤の言葉にいちいちツボってるけど、わかるなー。かわいいもん。いまの松潤。
 
それから、ニノ。
私が前回かざぽん来た時も気になっていたのが、ニノのよそよそしい態度。
でも今回なんとなく理解できた。
あの子は探ってたんだね。かざぽんにどういう態度で臨むのが正解かを。
ずっと昔からニノのラジオでもかざぽんの話題がちょくちょく出てた。
仲良しすぎるとあの子は意地悪になるんです。またかざぽんサイドもいじられることを望んでるふしがあったりするから。あの子なりの愛情表現なんだけど。
でもその時感じたのが、相葉ちゃんの屈託のない「かざぽんとお友達」っていう接し方。それがドーンと前面に出てて今回も最初っから相葉ちゃん主導だった。仲良しのお友達の風間くんが遊びに来たよnoteっていう何とも言えない相葉ちゃんのやさしい空気。
そっか。これで行こう。ってニノは態度を切り替えたんじゃないかな。
 
私の勝手な想像です。気になっていたので。
 
そんなわけで、最後の宝塚風ダンスはふつうの楽しい総武線仲間の3人に戻ってました。
キッキングスナイパーも、ね。相葉ちゃんのおかげ。 
ああほんとにもう、相葉ちゃんと付き合いたいくらい、コイツいいやつ。
翔くんも、どんなに内輪で盛り上がっても、きちんと宝塚さんたちを置いてきぼりしないで場の全体を見るジェントル櫻井。
く~! ほれるぜ!
 
こんなに語って、まったく語るところのないおーちゃんを、なぜ私は好きなんだ?っていつも思うけど、
 
違うんだ。おーちゃんは別格。
 
私の好みのタイプではぜんぜんないのに、おーちゃんのダンスと歌声と、とにかく存在そのものにはまって抜けられないんだから。
 
たとえ、コイツ! おい! しゃべれよ! 日本語勉強しろ! 頭使え!
なーんて口汚くなじっても。
好き というより 虜です。
 
 
死神くん楽しみ!
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月27日 (月)

スケート

しやがれのスケート体験。

こういう習得ものって絶対はずれない。

よく、ジュニアとか若手のジャニタレってこういう体当たりの習得ものバラエティー番組がテッパンでありますよね。

まだ上手にしゃべれなくてもワタワタやってる姿だけでおもしろくなるというか。体操を習ったり、バクテンを習ったり、格闘技を習ったり、ダンスや、中国語や、上げたらきりがないけど。

視聴者もなるほどって思いながらも、タレントそれぞれの個性を垣間見て得した気分になれる。

今回もとっても楽しかったし、得した気分になれた。

 

やっぱりおーちゃんは運動神経が素晴らしいんだなってよくわかった。

怖がらずにすぐチャレンジできちゃうのは、度胸だけじゃなく、身体を良く知っていて、これはこうすればできるってイメージ浮かぶんだろうな。それをセンスという。

相葉ちゃんも運動神経いいのは、やっぱりセンス。そうか!こうだ!って身体で掴むタイプだから、ぜんぜん先生の話聞かない自己流派。そしてテンションMAX。楽しそうで何よりです。

そんな相葉ちゃんを、翔くんは大好きなようで、もうホッコリ。

ニノも久々に楽しそうだった。

強化合宿のアスレチックのときのように、早くやりたくてしょうがなくて、率先してスタートを切るニノがここでも見れた。

そういう意外な感じが、見ててお得感。

でも、まあ、おーちゃんと必要以上にイチャコラすること自体が楽しい証拠かな。

あのふたり、他の人がレッスンしてるときはTVとか関係なく自由な練習時間にしちゃってるよ。

 

翔くんはあれでいいのよね。

ストップのつもりがアレレ?なんて回っちゃう翔くん。

それを見てるおーちゃんの目を細めたまなざしから

「翔くんて本当におもしろいな~」ってしみじみ感じてる心の声が聞こえたよ…

ターンしたときは相葉ちゃんと向き合って、「オッス」だって 櫻葉はいいね。

 

松潤はね、まず、ヘルメットかぶりなさいよ!って言いたい。

なぜかぶらないのか、スタイリッシュなんて理由なら許さんぞ! 危ないからかぶってお願い。ドラマの最中なんだから。それが心配できがきじゃなかった。

でも歌舞伎とか言われて自ら「ヨ~!」ってのっちゃう。楽しそうでした。

だからよけいにヘルメット!

 

おもちゃみたいとか、ジュニアだとか、伝統芸能の人とか、

ワイワイ言い合ってとにかく嵐くんたちが楽しそうなのが伝わってきました。

やっぱりあのアスレチックのときと似てるよね。

 

こういう楽しい体験、もっといっぱいさせてあげて欲しいな。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

大野智くんのダンス 次のステージへ

少クラ見ましたよ。

待ってました。

おーちゃんのソロダンス。

いよいよDVDが待ち遠しくて仕方がないけど、

でも少クラの引きの定点映像は超貴重! 保存版!

たぶんDVDよりもずっと良いと思う。DVDはどうせ大事なところでアップになってり客席写したり、でしょ。

全身が見たいのよ!特に足が見たいのよ! ひざ、つま先、かかとなの!

たった30秒でも、それを見せてくれてありがたいです。

  

おーちゃんのダンスは、

ガシガシ踊るんでも、手を抜いて踊るんでもなくて、

30過ぎた今だからできる、無駄のない、大人のダンスに

次のステージに移行したんですよね。

 

あの控えめな大野智が、強い意思をもって自らそう言っていたのだから、これは相当本気だぞと思っていたら、

やっぱりこれですよ。

私、ダンスの細かいテクニックについては素人なので、解説は玄人のブロガーさんにお任せするとしても、

素人でも息を呑むほど超絶ダンスだということはわかる。

スローとコマ送りで見る、つま先、かかと、つま先、かかと…

足先はすごいことになってるのに、上半身はいたって冷静。

ジャンプとぶれないターン。

なのに伏目がちの涼しい顔。

きめるときは右を向く、綺麗な横顔。

ここってときだけ一瞬のドヤ顔。

ゾクゾクするよね。

 

 

それから、「愛を歌おう」のフェイクはエフェクトかけてると思ったら、おーちゃん自身の声だったんですね。

感動。

 

やっぱりDVD待ち遠しい。

1曲全部見たいもの。 

15年目に発売されるDVDはどんなかな。

記念だからさー

LOVE+嵐フェス+NY合宿の特典映像という豪華版はいかがでしょうか。JSさん。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

「つきあいたくない」は、好きの裏返し

1週間前のHey×3トークのこと。いまさらだけど、いまさら「あれ?」って気がついて。

女子の気持ちになって選んだ、それぞれの「付き合いたくない人」って、どれも一番好きな、あるいは一番心を許せる人なんだよね。

つまりそういうことだよね。

好きだから、気になるから、わかりすぎてるから、だからこその、こいつはもういいだろみたいな。

だから見ててクスッとなっちゃいますね。

相葉ちゃんは翔くんが好き。同じお兄ちゃん気質の同志として分かり合えてる。俺の千葉見れば、ね。

ニノは言うまでもなく相葉ちゃん大好き。大好きということすら恥ずかしいほど昔からの腐れ縁。

おーちゃんはニノと、もう同化しちゃってるんだよね。わかり過ぎてもう付き合いたくないほど。

翔くんはすでにおーちゃんと夫婦のような関係性。タダ単にうちの夫こういうところあるんですよ~って世間に知らしめたかった。

松潤こそ今おーちゃんと一番の蜜月ですよ。振り付けのことなどでずっと連絡取り合ってたし。だからこそです。松潤のキライはダイスキと同義語。

 

というわけで。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月17日 (金)

カツーンのタメになる旅

とにかく言いたいのは、カツーンがんばれ!ってこと

 

翔くんの今顔の芸人VSジャニーズでは、もう、一人抜けたことがダメージよりもネタとして乗っかって行ってる。そのたくましさにオバサン応援したくなるよ。

その流れで、カツーンが4人で青森を旅する、世界一タメになる旅っていうのも見ちゃった。

最初から、点呼して「あれ? 5人目は?」なんてつっこまれていじられてばかり。

この番組、その前の流れを見てないからわからないけど、スタッフは、心からカツーンのためになるように、視聴者に向けてというよりカツーンに向けて作っているように感じた。

これからは、カッコつけてるだけじゃいられない。這い上がっていくためにはこんなロケもやっていかなきゃ。

ってか、旅ロケを今までやってなかったことに驚いた。

 

これが本来のアイドルの姿だったとすると、

TOKIO兄さんのロケの実力は素晴らしいよね。どこへ行っても誰とでも親しくできるし、親切にしてくれた相手に感謝を伝えて気持ちよく進めることができる。

これは当たり前のことじゃなかったんだ!

エイトもそうだけど

嵐も、飛び込みロケの場数は若い頃からハンパないもの。

真夜中の嵐とか、C・Dの嵐とか、まごまごとか。

できて当たり前じゃなかったんだ! 

 

でも、これも元々の人柄というのもある。

嵐は、まずニノというヒトたらしがいるでしょ。ネコや犬のような。

相葉ちゃんは人見知りではあるけど、ロケで馴染んじゃう気軽さがある。

おーちゃんも言葉は少ないけど、昔から居たみたいにスッと寄り添う垣根の無さがある。

松潤と翔くんは、まごまごのときは、他の3人と比べるとまじめで礼儀正しすぎて相手が緊張しちゃうけど、

それでも、

カツーンのぎこちなさを見たら、

ずっとずっとあの2人もがんばってたなーって思う。

とにかく嵐はみんなやさしい、それがにじみ出てるんだ、といまさら気づく。

 

カツーンの旅番組は、最後はタダで夕食いただけるとこや4人を泊まらせてくれるとこを、自分たちで探さなきゃいけない、過酷な試練。

そうよ! これは試練!

でもなかなか探せない、というか交渉が硬くてヘタクソ。

深夜になっても宿が見つからず、もうだめだーって暗くなってたときに、救いの神現るで、夕食ごちそうしてくれた食堂のおばちゃんが心配して追いかけて来てくれた。

そのおばちゃん、5人の子どもはみんな自立して家を出て独り暮らし。カツーンを自分の子どもたちに投影していたんだね。

そんな良い話なのに、もっと懐開かなきゃー! 泊めてくれて当たり前じゃないのよ!もっと感謝を伝えなきゃ! カツーン!ってじれったくなる。

 

たとえばTOKIOなら、太一がもっと感動を全身で表現したり、城島くんがホロッとくるような優しい声で寄り添ったり、

嵐だって、まずは、「ほんとにいいの? 迷惑じゃないの?」ってふつうに遠慮するだろうし、泣きそうになるほど心から感謝するだろうし、

恩返しのつもりで実の親子のように気さくに甘えたり、相葉ちゃんやおーちゃんなんて、おばちゃんの切ない気持ちにもらい泣きしちゃったり、

松潤なんかは気が利くから、お礼になにかお手伝いするよとか、翔くんも肩もんであげるとか、

なんかそういう光景が容易く目に浮かぶ。

過去ロケでそういうのいっぱい見てきたからね。

エイトだって、ヤスなんかはやさしさの塊だからすぐもらい泣きしそう。

 

カツーンだって、本当はものすごく感激してるんだろうけど、

クールすぎて伝わらない。

経験ないからどう表現していいかわからないのか。

都会の子すぎて気が利かない。

 

とってもいい話で、私は、それを嵐の場合に置き換えて、泣いてる相葉ちゃんとおーちゃんを妄想して、ジーンときて泣いてしまいました。

またまごまごみたいのやって欲しいな。今じゃ大騒ぎか。嵐の5人旅。過酷ロケとか人情ロケとか見てみたいなー。

結局そっちか。

 

いやいや、でも、カツーン。これからですよ。「1人足りない」を逆にタブー無しの武器にして、たくましくおもしろく成長して欲しいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

しあわせの理由

もう、激リピ、鬼リピ。

休憩のたびに昨日のビタスイを繰り返し見て、キュンキュンしています。

 

ここしばらく萎えかかってた、

「やっぱり嵐が好きだ…」と素直な気持ちがあふれてくる感覚。高揚感。

 

なんでかな。

なにがちがうのかな。

 

おーちゃんのシングル振り付けが初めてだったんですね。考えてみたら。

テレビ番組で、おーちゃんの振り付けで踊る嵐さんを見たのが初めてなんだ。私。たぶん。

わぁ~cryinglovely

 

そのせいなのか、それとも曲イメージのせいなのか、どうなのかわからないけど、嵐さんたちが5人ともとってもいい顔してるの。

楽しそうで、ウキウキしてて、

私は勝手に振り付けのせいって解釈してるけど、heart01tulipshineがダンスする5人からあふれ出て降りそそぐのを、感じてしまう。

リーダーの振り付けへのリスペクトなのか、この後始まる松潤のドラマへのリスペクトなのか、それとも生放送の高揚感なのか…

とにかく5人から出てくるハートとお花とキラキラビームにやられちゃうのよ!

これがしあわせと言わずしてなんと言おう。

 

やっぱりおーちゃんの振り付けだなというのが随所にわかる。

ツ・ツ・トトン・ツ・トトトン みたいな細かいステップ。

デート前のウキウキな感じ。

Perfumeの「ねえ」の男の子バージョンかな。

ステップと、ひざの動きと、肩の動きをふんだんに使って、

こじんまりしてるけど、うれしい楽しい大好きが伝わってくる。

これ、たぶん小さな会場じゃないと良さがわからないんだろうな。

 

嵐さん、15周年はたくさんファンに会う機会を作るって言ってましたよね。

巨大会場じゃなく、アリーナクラスをいっぱいやってくださいよ。

ぜひぜひ。近くで嵐を感じたい。

 

まあ、それは叶わぬ夢だとしても、そんな想いの表れた

なにかひとつ乗り越えた嵐を感じた。

 

生歌で飾らなくて、カメラで抜かれてないところでもわちゃわちゃしてる。

特別扱いのベールなんて脱いじゃって、もっと近い、もっと自然なオレたち見てよ。

みたいな?

 

そんな力の抜けた15周年の始まりがこれだとしたら?

 

ああー! しあわせだーー!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょうどこんな新曲待っていたとこ

up

うわぁーーーー!!heart02

しあわせです!

 

まず、Hey×3のおしゃべりがとても楽しくて、ひさしぶりにストレスのたまらない嵐トーク番組を見られたこと。

しやがれ、その他はどうもストレスたまるんだよね。

やっぱりさすがにダウンタウン。相葉ちゃんもおーちゃんもうまく使ってくれる。

 

そしてやっぱり生歌。

生放送、という意味よりも(録画で見てるからね)、かぶせのない生歌ということに感動。

だってフジは口パク禁止でしょ。でもちょろっと軽いダンスなら嵐も生歌だってぜんぜんOKだということをTVで証明してくれた。

そしてFNSリベンジ曲、迷宮ラブソングを歌ってくれたことに、もう私はウルっときちゃったよ。

しかもあんなに楽しそうに、キレイに。

 

そしてそして、新曲発表。

なななんと、おーちゃんの振り付けですよ。

生放送、生歌ですよ。

イントロで、もっていかれた。か、かわいいheart01

シャララランという波のような手が5連で伸びていく。

…からの!おーちゃんのソロ歌から始まるなんて! しかも長めだよ。

もう、マジで泣いてしまいました。

しあわせすぎて。ダンスもしあわせダンスだし。

おーちゃんは、自分のソロの振り付けはかっこよくするけど、

嵐5人だとなんだかコケティッシュでキュートで、手足を細かく動かす振り付けにする傾向あり。

ちょっとPerfumeっぽいかな。

そして最後のきめポーズあり。なんか男性エステのCMみたいな。

翔くんが松潤に寄り添うかんじと、手前のニノアイが笑えましたよ。

 

   

じつは、私、この年末年始の怒涛のTV番組ラッシュの中で、期待裏切られ感が半端なく疲労としてたまっていたのです。

うちの録画リストは、嵐のみならず、エイト、ふなっしーも入るからもう調整と奪い合いが大変なんだけど、

エイトのカヴァ・コラTVが予想以上に素晴らしく、堪能できたんです。

あれも生放送なんだけど、生歌もちろん、生ギターにダンス、しかも2時間ほとんどエイトが歌って踊りっぱなし。エイターの娘は大満足だったんです。

だけど嵐ファンの私は心のどこかでジェラシ-で、

あるエイターが、友だちの嵐ファンにカヴァ・コラの話をしたら、その友達に顔面パンチされた!ってツイートがあったらしいけど、なんか気持ちわかる。

うらやましくてイラッくる。

紅白司会から元日のしやがれSP、3日の福嵐など嵐の露出はたくさんあったけど、エイトのカヴァ・コラのたった2時間の濃密さで、大逆転されてしまったかんじ。

嵐が今、2時間楽しく人の歌や先輩の歌カヴァーしたり、コラボしたりできるか?って考えると、やってほしいけど正直なところ下手さがバレそうで怖くてできないよね。ギター演奏も、ニノくらいだしね。エイトのようなたくましさはないし。心配でかえってストレスたまりそうだもん。

ストレスのもうひとつの要因は紅白。  

嵐の昨年のリリース曲はどれもダンスナンバーできっちり歌って踊りこむ曲ばかりだった。

そりゃ、おーちゃんの本気ダンスが見られることはうれしいです。ファンの要望は、嵐にもっと踊って欲しい。もっともっと。だから嵐はそれに応えてくれたんでしょうけどね。

でもなんだか似たような曲が続きすぎて、正直もうお腹いっぱい。

紅白では、会場やお茶の間と一体になる楽しみってあるのに、嵐だけは、ハイテクのベールの向こう側で踊る、手の届かない人たちを印象つけた感じ。

なんてことをモヤモヤと考えて暗い新年を過ごしておりました。

 

そろそろ、私の好きなステゴーやWISHみたいな、軽くてかわいい曲も欲しいなーって。

できることなら不動の名曲、きっと大丈夫みたいな、楽しくてキャッチーな曲がいいけど。スマップ兄さんのオサレはよかったからね。

 

でも昨年の流れからして、そんな願いもう叶わないかな、と思っていたら…この新曲!

WISHに近いかな。

でもおーちゃんの振り付けがかわいくて、嵐も、新曲なのに肩の力が抜けて楽しそう。

嵐は生歌だってちゃんとしたレベルだとこの目と耳で確認できたこともうれしい。

どうじゃい、フジテレビ!

 

この曲が聴きたくて、ショコ潤ドラマも見てしまいました。

松潤がかわいそ過ぎて、あのサエコはたぶん全国の女性から嫌われてしまうよね、なんて思うストーリーでしたが、

最後に曲来たー! 出だしがおーちゃんソロってうれしいね。

必ずそこから流れるもの。

 

 し・あ・わ・せ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月28日 (土)

Mステスーパーライブのお衣装

もう年末年始は、毎日嵐ゴトでもめまぐるしくて

本当は、しやがれクリスマスの、「握手でキュッとする智」ってのでキュンキュンしたので、書きたかったのにもう1週間もたっちゃって、

LIFE!のお紅白のコントにも触れたかったけど、

とにかく私が今一番ウキー!poutってなってるのは、

Mステスーパーライブのアノお衣装ですよ。

はっきり言っていい?

なんじゃーい?ありゃ?!

 

どこぞのオネエ軍団にしか見えないんですけど。sweat02

襟を立てた紫のブルゾンに、黒レザーのミニスカート。下に柄物のレギンス、靴は先のとがったヒール。大阪のおばちゃんに見えなくもない。

しかも松潤がやけに艶かしくて、元旦しやがれの女装の予告を見たせいか、それと印象がかぶっちゃってかぶっちゃって…

PARADOXをそれで踊るの? エロい歌詞だけどそっちの内容じゃないよね。もっと男っぽい色っぽさのはずだけど、なんでそうなっちゃったの?

ニノはいいよ、いつもスカートはいてるようなもんだから。違和感無いけど。

5人であのスカートで、股広げる(言い方失敬)ダンスとか、女性として目をそむけたくなっちゃう。辱めのダンスに見えちゃうよ。

なんのバツゲーム?

 

嵐の衣装って、不思議なセンスのものがたまに来るよね。

明らかに失敗の冒険が。

でも文句も言わずに(言ったかも知れんけど)堂々と着てるところ、えらいね。

ってか、デビューのスケスケ以来、あきらめてるのかも。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月20日 (金)

最近麗しすぎる大野智

いや~、もうもう! 嵐ゴトがめまぐるしすぎて、自分のブログを更新している場合ではないのです。

こういうときは、雑誌やテレビ出演情報をこまめにお知らせしてくれるブロガーさんのところや、ツボどころの画像を載せてくれるブロガーさんのところにお邪魔して、満足しております。

だって、私にそんな丁寧な仕事できないもの。

私の言葉足らずのくだらない戯言でストレス溜めるより、お上手な言葉選びのブログを見たほうがずっとスッキリできる。

というわけで長ーくほったらかしてましたが、

昨日のVS嵐のおーちゃんが、なんだかとっても麗しすぎちゃって、

その気持ちを吐き出したくてここに来ました。

あの青と白のツートンの衣装もよかったのかな。スッとしてて。

1年前と比べても、色白で、痩せてるせいか目がパッチリで。

力が抜けてるのに、猫背感やヤサグレ感が無くて。

ああ、ホント、へたくそな表現。

キレイなはずの岡田っちと並んでも見劣らないどころか、爽やかさが漂う麗しさ。

 

今が一番いいかも。ってか常に今が一番いいを更新し続ける男。

私ね、おーちゃんの歌声とダンス堕ちなので、正直、外見にはそれほど魅かれてなかったの。むしろ岡田っちのくっきり二重のほうが好みだったけど、今見ると逆に岡田っちの顔は濃すぎて暑苦しく感じちゃう。

年取って薄味好みになったのかな、料理も顔も。

なんだろ、あの、おーちゃんの儚いような美しさ。

美しい歌声も華麗なダンスもこの美しい顔から生まれるんだよって、納得できちゃうような。

 

それに、岡田っちとハグして背中トントンした時の、身体の厚みの差を見ましたか?

「大野、薄いな」って岡田っちも思ったでしょうね。

「岡田、分厚いな」って、逆におーちゃんは思ったかな。

 

しかし、おーちゃんのラジオでも良いタイミングで岡田っちのこと言ってたけど、

「久しぶりに会ったら格闘技の師範代って、おまえいったいどうしちゃったんだよ?」って

おーちゃんが爆笑してたの、私も激しく同意。

岡田っちの上半身、完全に格闘家のズングリムックリ体型になっちゃって。

昔はもっと細くて、王子さまだったぞー。

 

でもホントに最近、急に、岡田准一くんとの共演が増えてきましたね。

岡田っちに限らずV6のメンバーがよく来てくれる。

うれしいことです。J関係の人が来てくれるだけで、内向的な嵐くんたちの温度が上がるんですよ。

とくに相葉ちゃんね。

この収録、流行語大賞発表の直後かなんかでしょうね。

楽屋でテレビ見て盛り上がってたのかな。

そのノリのまま、全部言いたい!みたいな。

 

相葉ちゃんが楽しい回はおもしろい回なので。

案の定、今回はとっても楽しかったーhappy02 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月30日 (土)

Mステ こういうの神っていうんですね

たぶんほとんどのアラシックさんたちがそう思っていると思います。

これはぜったい永久保存版!

スケスケ衣装で出てきたときは、ニノが「ちっとも恥ずかしくないぞー!」って叫んでたけど、生々しくてこっちが恥ずかしかったワイ。

お願い!ビーチク隠してcatfaceって。だって5人とも30オーバーのりっぱなおとなですよ。

なかには脱ぐキャラじゃないって言い切る33歳もいますよ。

キャー!

 

そしてMステ出演99回分の映像。あっという間だけど、もっとゆっくり見たかったけど、これはこれでメモリアルな、走馬灯のようなかんじでよかったです。

  

そして、テレビ朝日でドラマやってて良かったーって思った瞬間がやってきた。

キャー!来る!来る! ダンダンダン!

って興奮して叫んでました。

マイガールやって、瞳の中のギャラクシーやって、、、、、、

来ました! 念願のおーちゃんソロ! 聴きたかった!

他メンバーがワンアクションしていくのがうれしそうでしたね。私もうれしいよ。

ララララ~とフェイクはなかったけれど。

 

そしてそして、

キャー! FUNKY!

踊るぞー! 目的もなくひそかに練習していてよかった!

Mステの番組協力で、練習日があるっていう意味はこのためだったのね。

みんなきれいに揃ってるね。

私も、PC画面とにらめっこじゃなく、(TVだけど)嵐と一緒に踊る日が来ようとは!

外回し!内回し!ぼ!ぼ!ぼ!ぼ!

 

コンサートに行けなかったFANたちに向けたサービスといおうか。

もう、ありがとうの一言に尽きる。泣ける!!!!

 

そしてそしてそして、

ミニライブ以外でも、Mステさん感謝。

おーちゃんの成人式のかわいらしい映像を流してくれた。「外国人の彼女がほしいから英語を習いたい」とか嘘八百しゃべって自分でウケてる人ね。

曇りのち快晴のMステ単独出演映像、(ラララとフェイクはなかったけど)樹をくぐって席にちょこんと座っちゃう名シーンを入れてくれた。

 

感謝、感激、梨汁ブシャー!!!  ではなく

感謝感激雨嵐!

  

こういうのを若い人たちは「神」っていうんですかね。

私もいいたい心境よ。

 

ああああ、リピ! リピ!

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月26日 (火)

33の始まり!

たくさーんのブロガーさんがいっせいに

大野智くんお誕生日おめでとう!birthday

と唱えていて、すごいなーと思って渡り歩いていました。

なんかそれだけで十分幸せな気分になれて、自分のところで書く気が起こらないほど、傍観者として楽しんでたんだけどやっぱり今日が終わらないうちに書いておかなきゃね。

  

大野智くん、33歳のお誕生日おめでとう。

30歳になる頃は、えずくだのなんだのと、年取ったことをことさら強調していたけど、

見た目はどんどん若くなっているように見えます。

そして、今回のLOVEコンでは、さらにダンスも進化したとか情報も入ってきて、おーちゃん自身も、まだまだ体力あるし身体も動くと京セラドームで宣言してたそうじゃないですか。

新しい大野智伝説が始まる気配に、ワタクシとても胸が高鳴っております。

まだまだあなたの美しい勇姿が見られるんですね。

次のコンサートにはぜひ見に行きたいから、待っててね。

  

では、

素敵な、ストイックな、あなたらしい33歳の1年でありますように。

 

 

   

  

マルと一緒にメールでお祝いしたかなheart01

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月23日 (土)

ゲストとの相性

例えば、先日のVS嵐。プラスワンゲストの森山直太郎くん。

私はいつも、おーちゃんは今回のゲストのことをどう思っているのかな…という目線で番組を見てる。

もちろんおーちゃんだけじゃなく。

翔くんとJは、どんな人が来ても常に同じ態度で接することができる、社交辞令をわきまえた人。

ニノは、ちょっと違う。今回の直太郎くんにはずいぶん感情揺さぶられてましたね。楽しかったのかな。予想外の対応に戸惑ったのかな。

相葉ちゃんは人見知りなので、会話が成立して自分が楽しくなればバッチリなんだけど、初対面の場合そのきっかけを掴むまでが時間がかかる。直太郎くんとは、これが2回目だから楽しくつっこめたみたい。

そしておーちゃん。この人、ツボるととことんツボりまくるんだけど、翔くんやニノが直太郎くんの言動に笑ってても、ひとりキョトンでしたね。

おーちゃんは人見知りではないけど、常に受身なので、笑ってるかそうでないかで判断するしかないけど、なんか愛想笑い程度でしたね。

ま、ね、彼のツボりどころは低次元で一般とズレてるので、直太郎くんがしゃべりまくってボケかましてることにはあんまり反応しないのね。

むしろ、「オレは~」っていう声が、オネエ度増しててヘン!っていうことに真っ先に飛びついて爆笑している声が聞こえましたが。そのあと物まねまでして。そういうところだけ好きみたい。

 

別に相性悪いとは思わないけど、彼の笑いの琴線にはなかなか触れない人だったのかな。なんてことを考えながら見てた。

でもわかりませんよ。あの人が何考えてるかなんて。

ただ単に眠いだけだったのかもしれないし。

  

とにかく、

多くの方が悲鳴を上げてますが、このVS嵐でよかったところは

ローリングコインタワーで直太郎くんが倒しちゃったとき、翔くんの肩に後ろから両手とあごを乗っけてる大野智と、

10秒チャレンジの全て。

ニノは自分が大してワチャワチャに参加できないことを露骨にがっかりしてるし、

翔潤がサラリとくっつくし、

櫻葉はどちらも同じ向きで動こうとせず、

翔くんがおーちゃんを「兄ヤン!兄ヤン!兄ヤン!」呼ぶ。

結局おーちゃんが櫻葉2人超えすることで3人がムダにワチャワチャくっつくっていう。

いやむしろおーちゃんが櫻葉2人に抱きかかえられる。

こういうとき一番楽しそうにヘラヘラなのが翔くん。

  

いやはや、ごちそうさまでした。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 8日 (金)

大野智のせな筋

VS嵐見ましたか?

クリフクライム!!!

おーちゃん上まで行きましたけど、

もしかしてサトシックはみんな思っていたんじゃないかということ…

あの黒いモコモコのヤツ、そりゃあ、かわいかったよ。首回りも程よく開いて、腕も肘まで出してて、ビジュアルはよかったよ。

でもさ、あの女子のクライマーの方がタンクトップで腕筋もせな筋(背筋ね)も披露して上ってるんだったら、

アンタもせめてそのモコモコ脱げや!

って思いませんでしたか?

私はじれったくてちょっとイラつきました。

モコモコのしたからインナーがチラっと見えてるんだもん、それ1枚でいいじゃん!

暑そうだよ!

細くて華奢のようだけど、ムダなくやわらかく、ちゃんとついてるおーちゃんの筋肉。

力技でなく、フワッとする身体を支えている筋肉はどんなものか見たかったな。

     

でも、いっぱいの声援に押されて、上りきりました。

アンタはできる子!

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«男だった