« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

VSかざまぽん

ああ! 楽しかった!

私のかざぽん歴は、嵐より長いからね。
金八先生で知ってJrの番組見て、アレ?この子ってホントは意地悪な子じゃなくて陽気でよくしゃべる子なんだと知って、ちょっと注目してたからね。
おーちゃんは京都行ってたからそのころの東京Jrとの関係性がつながらないんだけど、あのへんは同世代の幼馴染みなんですね。みんな楽しそう。ワチャワチャガチャガチャして。
かざぽん効果か。なんなのか。
最近とみに相葉ちゃんのやさしさがかわいく感じててheart02
こんな子、そばにいてほしいなーって本気で思う。
お友達のかざまぽんと一緒だと、よけいに楽しさ倍増、やさしさ倍増。相葉ちゃんは声がとても優しくて好きです。最初聞いた時はガサガサして雑味の多い声質だと思ったけど、大人になってそれが優しい声に変化してきた。通りにくい力の抜けた声が逆に思いやりとか気遣いとか寄り添う感じになる。
とくに相葉マナブなんて、大成功の番組じゃないでしょうかね。
相葉ちゃんと芸人さんと無理なく楽しく自由にゆる~く進行して、芸人さん特有の大声張りあげ大騒ぎみたいなこともないから見てて疲れないし、企画も家族で楽しめて学べる。日曜6時ってサザエさん枠? それでも大健闘。相葉ちゃんの良いところが前面に出てる上での高視聴率だから、相葉ちゃんそのものがすごいってことです。
だってニノや翔くんの番組は、なんか違うもの。企画ばかりがはりきってて、ゲストも大勢で。
嵐の本質って、ゆるさだと思うんだけど。人気出ちゃうと難しいね。
そういう意味では相葉マナブは、奇跡の番組!
 
 
 
VS嵐に話を戻すと、最近、潤くんも味があってツボってるんだ、私。
あ、松潤を潤くん呼びしてる。
かわいいせいですね。
昔はホント苦手だった。顔の濃さと、くどさと、カッコつけた感じ? 声も、くねくねした腰も、ドSな感じも、まわりくどい長~いおしゃべりも、空気の読めない周囲をヒヤっとさせる発言も。黒髪でさえも。しゃべるとき曲がる口も、ホント、ムカツクほど苦手だった。coldsweats01
他の4人が、触らぬ神に祟りなし~みたいに松潤に気を使ってる感じ? 花男で人気者だから必要以上に持ち上げてる感じ?これもイヤだった。
 
ごめんなさい。
イヤだっただけに信頼しなおした反動のスキスキ感は大きいよheart01heart02
 
元々はへたれキャラだったんだもの。その素養はじゅうぶんあったんだね。
今回VS嵐の、松潤の一言一言のマヌケ感はすばらしい!拍手もの。
バンクボウリングで、かざぽんにエアーハンサムを要求する突飛な提案。
嵐5人+かざぽんでお話してるとき「ハンサムとそれは別だよ」 「了解」の発言(笑)
なんだろ。ギラギラしてるころも今も、基本、松潤の発言て突飛でテンポ狂う感じは同じなんだけど、ギラギラしてる頃は、それが戦慄覚えるような凄みをおびてたのに対し、今のそれはどこか緩やかでオマヌケ感。たぶんその発言が飛び出す頭の中は同じなのに。空気感が違う。
 
このまえの映画とか、今のドラマとか立て続けで、脱ギラギラ男になったせいだよね。きっと。
 
髪の色とか前髪おろす髪型も重要。
そしてニノが「J」呼びしはじめてから、なんか雪解けが始まったのかな。
この人をいじっても、もう怖くないですよーみなさん!って。
 
おーちゃんも松潤の言葉にいちいちツボってるけど、わかるなー。かわいいもん。いまの松潤。
 
それから、ニノ。
私が前回かざぽん来た時も気になっていたのが、ニノのよそよそしい態度。
でも今回なんとなく理解できた。
あの子は探ってたんだね。かざぽんにどういう態度で臨むのが正解かを。
ずっと昔からニノのラジオでもかざぽんの話題がちょくちょく出てた。
仲良しすぎるとあの子は意地悪になるんです。またかざぽんサイドもいじられることを望んでるふしがあったりするから。あの子なりの愛情表現なんだけど。
でもその時感じたのが、相葉ちゃんの屈託のない「かざぽんとお友達」っていう接し方。それがドーンと前面に出てて今回も最初っから相葉ちゃん主導だった。仲良しのお友達の風間くんが遊びに来たよnoteっていう何とも言えない相葉ちゃんのやさしい空気。
そっか。これで行こう。ってニノは態度を切り替えたんじゃないかな。
 
私の勝手な想像です。気になっていたので。
 
そんなわけで、最後の宝塚風ダンスはふつうの楽しい総武線仲間の3人に戻ってました。
キッキングスナイパーも、ね。相葉ちゃんのおかげ。 
ああほんとにもう、相葉ちゃんと付き合いたいくらい、コイツいいやつ。
翔くんも、どんなに内輪で盛り上がっても、きちんと宝塚さんたちを置いてきぼりしないで場の全体を見るジェントル櫻井。
く~! ほれるぜ!
 
こんなに語って、まったく語るところのないおーちゃんを、なぜ私は好きなんだ?っていつも思うけど、
 
違うんだ。おーちゃんは別格。
 
私の好みのタイプではぜんぜんないのに、おーちゃんのダンスと歌声と、とにかく存在そのものにはまって抜けられないんだから。
 
たとえ、コイツ! おい! しゃべれよ! 日本語勉強しろ! 頭使え!
なーんて口汚くなじっても。
好き というより 虜です。
 
 
死神くん楽しみ!
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »