« 誰も知らない | トップページ | 天才と○○は紙一重 »

2014年4月27日 (日)

死神くん#2

死神エピソード2の感想です。

 
サトシックの私はどうしても親目線で見てしまって客観的になれないのですが、
一般には面白くなってますかね~
 
心配です。
 
2話の主人公は、林ケントくん。
いまNHKドラマの「銀二貫」の主演ですね。
余談ですが、今期、なるべく多くのドラマを録画してますが
こりゃだめだと脱落するものもある、
(ビター・ブラッドは残念ながら・・・。オダジョーの探偵社も二話から見たらエロ過ぎて家族で見るには・・・70年代の探偵ものはあんなんばかりだったけど(゚ー゚;)
そんな中で銀二貫はけっこうたのしみ。
林ケントくんには注目してるので期待して見ました。
 
ほかの出演者とおーちゃんとの関係ですが、部長役の神保さんはしやがれでヘンなマッサージでおーちゃんにドッキリを仕掛けてくれた方ですよね。2人のシーンはアレを思い出しちゃっておかしな気分でした。
 
主任の松重さんと、名前わからないんだけど健太のお父さんで病に臥せってる人は、2002年演技者の「ミツオ」というシュールなドラマでおーちゃんと共演してますよね。タヌキの毛がモサモサ入ったうどんを作ってくる強面の松重豊さん。健太の父ちゃんは裸にボディーペイントのTシャツという不気味さが印象的な役でした。
懐かしい再会なんだろうなーと、しみじみ。
 
そんなことを考えながら、ドラマは進みますが、
おーちゃんの演技は、どうなんですか?
1話よりもだいぶキャラを作っているというか、ちょっと作り過ぎてないかと心配です。
本人的にはすっごく楽しそうなんで、ついつい許してしまいたいですが。
林ケントくんがとてもナチュラルな芝居をしていたので、大野智のひとつひとつコミカルな返しが浮いてしまわないかと。
そのくせ死亡予定者に告知するときの慈悲深い声が綺麗過ぎて同じ人物か?性格破たんしてないか?ってなりませんかね? 大丈夫ですかね。
 
娘が、「死神くん、これ面白いのかな・・・」と不満げにつぶやいたのが気になって気になって( ̄◆ ̄;)
 
娘の感想としては、桐谷美玲ちゃん口汚く罵る設定はいいとしても、ちょっと力が入りすぎててこっちが疲れると言うんです。毎回全力で怒鳴らなくても、いつものドSっ気を発揮してチクチクいじめるんでもいい、というか彼女にはそっちのほうが似合っているような。そしてたまに怒鳴ってグーパンチ!rock  ていう強弱が効果的ではないかと。
 
まあ、美玲ちゃんにはがんばってもらって、早くおーちゃんと息の合ったコンビネーションが生まれることを期待しています。
 
大野智のお遊び演技が、どうか一人完結で浮いてしまわないように。
 
でもね、ほんと。
ドラマとしての感想を度外視して、サトシック的感想を言うと、
ひらりと飛び降りたり飛び上がったりする時の姿勢や肢体が指先まで美しいこと美しいこと。やっぱりダンサーですね。
そして、おふざけの入ったセリフのバリエーションが、達者で。ね~。さすがやねー!って思ってしまいます。
それが浮いてるか浮いてないかは置いといて。
若い役者の林ケントくんとのからみは、どう感じたのでしょうか。
いままで、若い世代との丁々発止があまりない役が多かったので、ケントくんとの掛け合いが見られて心躍りました。おーちゃんにとっても何か刺激が生まれればいいなー。
次回は柄本時生くんとの絡みですね。
期待してます。
期待しすぎて空回りしてるのは私のほうかも。
 
キャラものが多いおーちゃんですが、この「死神くん」、3つの選択肢の中からおーちゃん本人がコレがいいと選んだと知って驚きでした。
ラブストーリーとか刑事ものとか、あの人が選ぶわけないじゃないですか!!
お願いですから、もう今後は2度と本人に選ばせないでくださいね。関係者各位。
そして、こんなのやらせてみたいという、新しいジャンルをどんどんあたえてやってください。
アクションとか時代劇とか。まあ恋愛ものは、本人は似合わないと言っていて私もどうしても想像できないんですが、一度くらいキスシーンとかやらせてみてくださいな。
もうおとななんだから!p(`ε´q)(怒ってる)
 
本人いわく、演技は仕事としてこなしているだけで楽しいと思ってないとのことですが、いつか、刺激を受け「楽しい」と言わしめる影響力のある共演者なり演出家なりが現れることを待ち望んでいます。

|

« 誰も知らない | トップページ | 天才と○○は紙一重 »

ドラマ感想」カテゴリの記事

大野智」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/124811/55961624

この記事へのトラックバック一覧です: 死神くん#2:

« 誰も知らない | トップページ | 天才と○○は紙一重 »