« ももクロVS嵐 | トップページ | ピカンチ »

2014年5月21日 (水)

潮時かも・・・

まったくね・・・

 
アゲアゲになかなかなれない私です。
 
 
雑誌CUTを注文してて昨日届きました。
ドラマに合わせた大野智雑誌祭の時期は、たいがい3冊まで!とか自分に制約つけて吟味して吟味して選びますが、CUTは前情報で、テキストがとても良いかもという期待の下、購入を決めたのです。中身見る前にね。無くならないうちにね。
でもいざ見てみたら、、、、う~ん・・・でした。期待しすぎたかな。
 
生い立ちから最新作「死神くん」まで
大野智は何を選び生きてきたのか?
 
こんな意味深なタイトルなら、期待も膨らむってもんでしょ。
写真もすごい、睨んでる(言い方)。
だけど、私だけの感じ方かもしれないけど、30のQ&Aもほとんど知ってる情報ばかり。しいてあげるなら、中1のときにワープロ買ったんだΣ(・ω・ノ)ノ! あの大野智が!ワープロ!
使ったんかい?!ってことぐらい。
 
自由=練習    
生きがい=解放
 
この2つは興味深いけど実におーちゃんらしい。
 
これらをもっと掘り下げて、言葉の足りない大野智を補ってミステリアスな部分を紐解き魅力を引き出してほしかったけど。なんかそれ以上あまりひろがらないインタビューだったみたい。ってか古河晋さん、あんまり大野智に興味なかったのかな。と思わせる。
写真はすごくカッコよかったよ。良すぎちゃって、恥ずかしい。もしかしてちょっとおふざけ入っちゃってないか?って思うくらい、笑っちゃう。
おーちゃんの心境を考えると、
(やだなー、オイラこーゆーの苦手なんだよなー。恥ずかしんだよなー。なんか設定入れちゃおっかな)ってのが伝わってくるような。
でも写真がえらく決め決めだから、よけいにテキストがバカっぽく見えちゃって、なんか悲しい。
 
あ、あくまで私の色眼鏡が暴走した感想ですが。
でも、けっきょく、タイトルにあった「何を選び生きてきたか」わかりました?
私はわからなかった。それほどたいそうなことは書かれてなかったと思うけど。
 
 
 
 
 
 
 
そして、同時に届いたアラフェス13ブルレイ。
 
ブルレイはほんと、キレイ!!
 
でも、でも、
 
全国のアラシックが今まさに幸せの絶頂にあるときに、なぜ私はこんなにドヨ~ンとしてるのかというと・・・。
 
あらためて、自分と嵐の距離というか、いわゆるアラシック熱と私の温度の違いを悟ってしまったというか。
 
やっぱり私が一番ワクワクした嵐の姿は、2007~2010くらいかな。
一番脂がのってきて、でもまだ、大スターじゃない、自由な小者スターってぐらい。歌も、最近連発するような壮大なモンじゃなく、ちょっと日常の楽しさとかやりきれなさとか、がんばってんだぞ、俺ら。みたいな愛しさの詰まったステキな曲が多かったころ。
あの、表舞台になりきれない曲の数々に惚れたのです。
 
DVDにもいろいろメイキングつけたり、身内でわちゃわちゃくすぐりあう小動物的な楽しさ。
出来上がっちゃう前の発展途上なかんじ。なんか足りない未完成な若者のかんじ。頼りないけど一生懸命なかんじ。
かわいいな~、この息子たちってかんじ。
 
ま、仕方ないよね、全員が三十路兄さんになったんだもの。
 
でも正直、私、もうあんまりドキドキしないのかも。
もうこれ以上すごいものは見せてくれないだろうな。ってか、もうそんなすごいもの見たいとも思わない。
大野智はすごい人だけど、そのすごさを堪能できるのはあの頃のDVDで、今のDVDやブルレイじゃない。きっとこの先も。
 
 
悲しいかな、そんなことをふと考えてしまったのでした。
 
今はね。
また明日は、ガラッと気持ち変わってキャーキャー言ってるかも。
 
でも、どう考えても、ハワイは私には関係ないし、たとえ国内だったとしても豆粒のような嵐を見てDVDより満足できるのか自信ない。
 
だからって応援しないわけじゃないですよ。やっぱりいつまでもおーちゃんは特別な存在だし。いったん落ちたら這い上がれない沼だもの。
 
これからも地味に地味に見守っていきますけどね。
 
たぶん
 
 
 
 
 

|

« ももクロVS嵐 | トップページ | ピカンチ »

嵐くん」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/124811/56268141

この記事へのトラックバック一覧です: 潮時かも・・・:

« ももクロVS嵐 | トップページ | ピカンチ »