« 2014年9月 | トップページ

2015年9月

2015年9月24日 (木)

離れて考えてみよう。

ほぼ1年ぶりの投稿でしょうか。

 
最近はもっぱらTwitterの世界に身を置いていたので、まさかここに戻って悶々と思いを綴る事態が起きようとは。
 
私はね、大野智とは年齢も親子ほど違うし、恋愛対象のつもりはないんですよ。
彼女がいたって、というかむしろ、35にもなるのにいないほうがおかしいだろというぐらいで。
 
と、思ってたよ。
 
前のスキャンダルも、その前のスキャンダルも、その前のスキャンダルも・・・まったくこいつは、と思ったけどわりと第3者的な、冷静に客観的に見届けられた。
でも考えてみたらあれもこれも今までのスキャンダルはどれも過去の写真が流出というものばかりで。
そんなの、昔の彼女のことなんて、昔のやっちゃった事件のことなんて、リアルな恋愛相手だって大丈夫なレベルだったものね。
 
今回は自分でびっくりするほど動揺した。雑誌で顔見てもあーこの撮影時もリア充だったのかって思うと胸がぎゅーとなって。
ラジオも聴けなくなっちゃった。
 
でもそれでもいつか気持ちも落ち着いたら、プライベートが楽しそうで良かった良かったと肯定できる自信はあったよ。
 
 
ふつうはね。
 
今回のはちょっともう…
 
もうここまできたら自分を徹底的に痛めつけて傷つけたくなって、よせばいいのにアラシックの恐ろしいほどの探偵力でさらされた流出ものすべて見届けてやりましたよ。自ら粉々に砕けてやりましたよ。
 
嵐ファンて恐ろしいね。お相手のFB、船長のFBなどちょっとでもスキがあったら見逃さない。
 
お相手の性格とか、流出の意図とか、そんなことはわかるわけないんだからどうでもいい。
私が許せないのは、もっと目の前にいる、大野智本人。
こいつダメ男だったのかな。というショック。
おいらとのプライベートの写真はSNSとかにのっけないでねの一言がきっと言えない男だ。それを優しいととるかダメ男ととるか、こうなった以上ダメ男だよね。
本当に大好きな子との楽しい時間で、大切にしたいのならばそこは思慮深くなるべきだったし、言うべきことは言わなきゃいけない。
だって過去3回それで失敗してるんだからもういい加減覚えろよって話。
 
そして、私が一番許せないのは、
すぐに新聞に載ったコメント―「友達のひとりです」「もう2度と会うことはございません」
これで完全にブチ切れた。
事務所にそう言えといわれたから言うのか、本人の覚悟なのか、知らないけどそれだけの関係ではないのは明々白々なのに2度と会わないと言いきってしまう違和感。
時が経てば、あなたが幸せならそれでもいいよといっさい飲み込むファンだっている。良い対応をすればファン心理ってそういう形に持っていけると思うのに、なんだろ? このファンを悪者に仕立てる感じ。
私たちそんな冷徹じゃないつもりだったのに、お前らが騒ぐから別れてやるよみたいな〔言い方〕
そんなこと望むファンいるかな。
まあ、いるだろうけど、いっぱい。
でも、そんなに簡単に別れられるとは、大切な人じゃなかったということ? となるよね。
智、若い子をつまみ食いしとったんかい?って物凄く不誠実な印象だけが残るよね。たとえお相手さんのほうが不誠実な人だったとしても。
 
あのコメントで少なくとも私の信用度はゼロになった。
 
この人本当の本当に、何も考えていないんだ。
プロとしての意識も、ファンのことも、彼女や友人のことも、
言葉の上だけじゃなく本当に大切に守っていきたいなら、あんな安易なコメントを選ばないはず。
 
もうがっかりです。
 
 
 
 
 
でも、歌とダンス(芝居も?)の才能だけは大切にしたいので、そこだけ何か真剣にやることがあったら見させていただきますが、
それ以外は少し距離置きます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ