カテゴリー「バラエティー番組」の記事

2014年5月16日 (金)

ももクロVS嵐

おもしろかった~(*^ω^*)ノ彡

 
楽しい要素が満載でしたね~♬
まず、ニノライダーでしょ。
翔くんがもう笑いが止まらずに苦しそうでしたけど幸せそうでした。
 
ああいうのかぶるとニノはのってくるよね。
無言を徹してシャキン!のきれのよさよ。
ぜひライダー衣装買い取ってワクワクで着てほしいです。
 
そしてももクロちゃんたち。
私、この時間外出してたので、帰ってきたら娘からVS嵐・ももクロ・国立対決がツイッターのトレンドになってなんか嵐ファンが炎上してるよ。って教えてもらって、逆に期待値高まりました。
 
まったく、最近の嵐ファンはすぐ炎上する。
というか、絶対数が大きいから、ひとりひとりではちょっとの動きでも総じて大きな波動になっちゃうのかな。それとも、やっぱり嵐ファンはストレスたまってるのかも。
 
本編よりメイキングやオマケが数倍多いエイトのDVDを見せびらかして「だから嵐ファンはかわいそうね」ってほくそ笑んでるエイトファンの娘と比べるとね。
 
それはさておき、嵐とかかわると炎上してしまう、頑張ってるアイドルちゃんたちをヒリヒリドキドキしながら見るのもひとつの楽しみ方です。ドS( ̄◆ ̄;)
私はももクロちゃんも、菊地亜美ちゃんも好きですよ。
嵐だからって腫れ物に触るような接し方をせずに、怖いもの知らずでぶつかってくれるところ。
 
菊地亜美ちゃん、前回、松潤をイライラさせたとかでこれまた炎上したそうですが、私にいわせりゃなんでこんな些細なことで・・・って思うようなこと。
あの子はだいぶがんばってますよ。空気読めないふりをずいぶん計算して体当たりしてます。えらい子だと思います。
 
前回、炎上したんだって? ってそれを横で聞いている松潤の申し訳なさそうな優しい顔が切なかった。被害被ってるのは松潤もそうだからね。自分が発端の「イライラする」発言のせいでファンが「菊地亜美キライ!」に流れて、わざわざブログを荒らしに行くって、
ねえ・・・。結果松潤がいじめを勧めたみたいになっちゃって、今後の松潤の手足をも縛る行為をファンはしてるわけだからね。
 
だけどそんな浅はかな脅しに負けない菊地亜美ちゃんやももクロちゃん、そしてニノライダーも絡んで、ほんとに今回のVS嵐は見どころ満載だった。
バカリくんも好きだし、堤下さんも相性いいし。
 
もちろん!  おーちゃんのキーの高い、ももクロ風気合の入れ方、よかったよ。
おまえらが負けるかぁ、ウチラが負けるかぁ、そんなのやってみないとわかんなよぅ
って、100%大野智クウォリティで安心しました。(*^ー゚)bグッジョブ!!
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

ヒール芝居

しやがれの キムラ緑子さんの回です。

 
私はね、こういうのすごく楽しみだったんです。
嵐の好感度を下げるとか、
好感度なんてクソくらえと思ってたりするので。
いやいや、それは語弊あるか。
人気アイドルだからって、かっこいい役とか爽やかな主役とか
そんな狭い枠にとらわれず、
嵐は役者稼業も一人前にやっているんだから、嫌われるヒール役もどんどん挑戦していったほしいから。
 
ホント言うとね、おーちゃんにこそそういうのやってほしかったんだけど、話によると自分から辞退したとか。まあね、最高に穏やかな性格上、台本なしのエチュードで怒鳴ったりいじめたりっていうのは自分の引き出しにない物は出せないかもしれないけどね。
それでも役者大野さんが本気になったらできたと思いますよ。
 
今期ドラマ、MOZUの吉田鋼太郎さんやルーズベルトゲームの香川照之さんのように、存在感がすごいヒール役っていうのはドラマをピリリと面白くする。
そういう意味でも見ごたえのあるしやがれになったと思います。
 
緊張感や本気度が強い芝居ほど、見てるこっちもワクワクしてくる。というのは、私はちょっとSっ気あるのかも。
嵐たちのいびり方より緑子さんのいびり方のほうが納得いくのは、男女の違いがあるのかも。嵐のを見てると、もっとここ、こーやってネチネチやればいいのに~~と歯がゆく思ったりして。
翔くんも相葉ちゃんも、好感度捨てきれてないよ~~~なんて。
 
その点、松潤はさすがと思いましたね。ヒール役の経験あるんだっけ?  最初の入りで携帯電話で架空の第3者を出し、そこでの明るい会話とADへの冷たい声のトーンで違いを出すとか、うまく練り上げられてますね。松潤、芝居うまくなったなー。流れがいい。
つーか、松潤はそもそも怖い!だから迫力が違う。
その迫力に、胸が躍った。
そしてなにより、終わった後、素に戻った彼の「キャンheart02」ってかわいい叫びは何?
女子?
おーちゃんにすかさず駆け寄って、HUGHUG、頭なでなで
身を任せ目を閉じるおーちゃん・・・
なんじゃ、あれは!  しあわせ過ぎてリピリピ。
 
ニノにも期待したけど、いじめ方にもう一つ工夫がほしかったかな。やることがちょっとかわいいんだもの。もうひとつ、ゾゾッとするような陰険なものがあるとよかったけど。
 
そして、通しでいじめられ役に徹した大野さん。芝居は片方のみでは成立せず、あのおどおどした芝居は、地味だけど引き立て役としてとても良かったですね。毎回失敗ネタを変えてくる。自分で考えてるとしたらすごいなー。細かいところにこだわる人です。
 
緑子さん相手の時は初回だったのもあるけど、緑子さんがうますぎるせいか、おーちゃんがかわいそうで見ててつらかった。
でも、嵐相手の4回は、もっと、もっと、そう、もっとおーちゃんをいじめてあげて!って思っちゃった。
Sだからかな?
いやいや、おーちゃんがいじめ受ける気満々の芝居で来るから、いじめる側も本気でぶつかって!って思うのは礼儀として当然よね。
 
でもね、やっぱり最後は、ADさんて大変なんだなってねぎらってあげたくなるの、わかりますよ。
お疲れさま。みなさん。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

天才と○○は紙一重

いやー、楽しみに待っていたBETde嵐の鉄筋渡り。

おーちゃんがどんな身体能力を発揮してくれるのか。
あるいは意外にもつまずいちゃって落ちちゃうっていう別の意味での神業もなきにしもあらず。
そんなドキドキで見守ってたけど、
なんなんでしょうか。あの人!
 
始まる前、
 
「そうですねー、1回も練習もしてないんで、今なんの気持ちもないですね」
 
という、無の人。
この人は、ホントに常にフラットで居られるんですね。
不思議な人です。
 
おぎやはぎも、私大好きなんですけど、
嵐に対して遠慮がないのが気持ちよくて。
その2人がおーちゃんを、絶賛というかツボるというか、いちいちおもしろがってくれて。
 
だって、マイペースな言動。
 
スタート前の第一声、
 
「寒いな・・・」(できるかなとかこわいなとかじゃなく)
 
矢作:リラックスしてるんだよな
小木:天才ってね、自分のこともよくわかってないんですよ
矢作:天才だからすぐ落ちる可能性もある
小木:紙一重なんですよ
 
そして歩き出したら、ああ!
やっぱり天才のほうだったね。
普通にスタスタ歩いて行っちゃう人。
この人がもし一番手だったら、コレ、軽々行けちゃうやつなんじゃないかと勘違いして映っちゃいますよ。
ほかの人がわざとテレビ的にビビってるふりしてんじゃないかなんてね。
 
そうだ。ダンスと一緒だ。
おーちゃんが踊ると軽々と手を抜いているように見えちゃう。
肩に力が入ってないし、顔も飄々としてるし。
でもスロー再生するとどのポーズも静止画のごとく美しい。
これは並大抵の体のバランスじゃないってことです。
 
鉄骨を渡るおーちゃんは突如身体にしなやかな芯が通って、どんな揺れも吸収して、
いや、
この鉄骨、おーちゃんが渡るときは揺れてない? 揺れる前に渡りきっちゃう技?
 
天才ですよ、仙人ですよ。
 
最後なんて時間なくなったら小走りにピョンピョン渡っちゃった。
 
「行けましたね。意外と疲れるんすね」
 
小木:かっこいいな、コメント
 
伊藤アナ:怖さはありませんでしたか
 
「うーん・・・正直まだよくわかんないすね」
矢作:わかんないってことは感じてないんだよ(呆れ)
 
 
誰もがこの偉業にあっけにとられている時、
ニノだけ真顔なのが気になっちゃいました。
この子はね、ひねくれてるようで、ほんとは素直に顔に出ちゃう子なのです。
大好きなリーダーがすごい記録を出したころ、何を考えていたんだろ。
おーちゃんのことより、自分がうまくいかなかったのをひきずってたかな。
ヘコミやすくて、ナイーブなんですよ。褒められると途端に明るくなるのに。
 
その点、翔くんはハートが強い。 いつでも楽しそうに笑ってます。笑いながら即座に
「やめます!」
潔い。
高所恐怖症を自虐ネタとして使いこなしています。
相葉ちゃんも頑張ったね。トップバッターはハンディだけど頑張ったよ。
渡りながらのあひょひょひょっていう彼の笑い声が耳から離れませんよ。
 
松潤もすごかった。やっぱり鍛えてる+高いところ好きな人はちがうよね。
2回目の障害物の時は、それだけでいうとおーちゃんの記録を超えてるもの。
最後、おーちゃんを意識してバランス崩しながらも走ったものね。
 
でもやっぱり。
私はサトシックheart02
こんなの見ると、惚れ直すよねー。
そして、ことあるごとに、リピリピ。
はぁー、かっこいいわー
なんも考えてないコメントも含め、かっこよく思えますよ。
 
おぎやはぎがいちいちツボってくれるからさらに盛り上がる。
 
矢作:(CCDカメラ装着でさっきとバランス変わるか)あーでもそういうの関係ない人かー
 
矢作:(ぼこぼこゾーンもあっさりクリア)この人ダメだ! 障害物関係ないじゃん!
 
難なく渡り終わったように見えたけど、じつは相当疲れたようで。
見えないところで体力と集中力をたくさん使っているんだと思います。
 
さすがだわ。
これが、大野智です。
 
 
 
 
 
ところで今日のラジオで
おーちゃんが家でモップ付きのスリッパ履いて、
ターンしたりムーンウォークして楽しんでるって話してたけど、
 
あらやだ、(。・w・。 )、私も今モップ付きスリッパ履いてるじゃありませんか。
通販で安かったからだけど、なんで急に買いたくなったのか、
これで自分の潜在意識が覚醒した。
おーちゃんが最近履いてるっていう雑誌の記事を読んだんだ、偶然じゃなかった。
 
 
 
嵐ゴトが連日あわただしく、殺伐としていますが
ハワイだなんてもう夢のまた夢、ハラハラもキリキリももはや感じない、雲の上の人たちになってしまったなー。
なんてちょっと気持ち離れかけたように思ってた。自分。
 
鉄骨渡りだけで引き戻されちゃったなー。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月10日 (木)

トーキョーライブ24時

5人とも1回終わった時点で感想書くつもりだったけど

ちょっと遅くなってしまった。

これ、ちょーおもしろいよ!

 

まず最初に言いたいのは

しゃべるナナナがめちゃくちゃカワイイんですけど゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

 

ナナナ@大吉ですけど、なんか気を使った毒舌とかゆるいイントネーションとか

「バナナ社員のナナナですぅ。はっきり言ってコネ入社ですぅ」

もうね、うちの娘はっぱが、ナナナ@大吉さんの物真似ちょーうまいですぅ

しかもパペットの動きがまたキュート!

音楽に合わせてリズムとったり、バタンと倒れたり、ふなっしー並みにヘドバンしたり。

このかわいさが2週間限定なのはもったいない!

 

番組見る目的はジャニーズ5人衆から入ったけど、

今やナナナのかわいさにやられてそこばかりリピってるからね。

 

 

そしてやっぱり5人衆が全く別々の個性なのがよかった。

しょっぱな小山慶ちゃん。慶ちゃんでよかったよ。生放送は慣れてるし、5人の中では一番ふつうの人。

ナナナも慶ちゃんには一番話しやすいらしくいっぱいボケかましてましたね。月曜日はナナナの名言の宝庫でした。

 

火曜日、松ニイ。まさに兄貴!ってかんじで、オレ流のありがたいお言葉も出たりして、畳みかけるようなグイグイいく進行が素晴らしかった。さすが!ディレクターに話を振っちゃったりね。すごいよ。

安心して見てられた。

 

そして水曜日、我らが相葉ちゃん。月・火が難なく過ぎたので、よけいに相葉ちゃんのバタバタしてるのにフワッとしてる落ち着かない進行が心臓に悪いったら( ̄◆ ̄;)

今週水曜日のナナナの第一声のとおり、

「相葉ちゃん、大丈夫?」って、全国の人が思ったと思うよ。

でも、そこが彼の良さでもあって、落ち着いて見返すと、おもしろいよ!

一緒に悩んじゃう、というより一緒に楽しんじゃう相葉スタイルね。

タイトルを忘れたり、ナナナのことをバナナて呼んじゃったり、しまいにゃ「皮むいて食っちゃうぞ!」って、おいおい。

 

木曜日の剛さんは、これこそさすがやねー! しっとりと、悩みに真摯に応えてるもんね。しかもゆるくておもろい。まさに深夜のラジオのかんじでした。

相葉ちゃんの翌日だからもう安心で安心で。

 

最後、ヤス。ヤスは剛と同じトーンになるんかなーと思ったら、やっぱり違うものですね。柔らかさが剛よりはちゃめちゃ。「都会になじめない」というお悩みテーマがやりやすかったのかな。それこそ相葉ちゃんの回よりも一緒に楽しんじゃうというか、共感しあうかんじ。

 

ほんと、5人5様なのが興味深かったし、

我が家には珍しく、リアタイで見て投票に参加したもんね。

私はTVのリモコンから。娘はラインから。

ついでにナナナのラインスタンプもゲットしたらしい。

ふなっしーに追いつけ追い越せの勢いらしいけど、

あくまで大吉さんとセットのナナナですからね。

テレ東さん、誤解のないように。

 

あと2回でトーキョーライブ終わっちゃうんだなー

毎日とっても楽しかったから、

すぐに第2弾を決めてください。

待ってますよー。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月21日 (金)

ふなっしーとSMAP

最近なんか心を温かくしたいとき

 

ついつい、ふなっしーとあつっしーが出たスマスマを見返しちゃう。
よかったなーあれ。
 
やっぱりSMAPはすごいよ
 
キムタク兄さんはすごい。
慎吾ちゃんもすごい。
 
一概に嵐と比べることはできないけど、
でもやっぱり、嵐よりずっと大人だし、スターだし、できた人たちだと思う。
 
 
何がって、ふなっしーに対するあの対応ですよ。
 
最初はね、ふなっしーに対して、
よくあるバラエティーのいじり方で、
下世話なお金の話を聞いたり、
どれだけ身体能力が高いかみたいな容赦ないお遊び。
 
そんななかでも、中居くんが
「ふなっしー水分補給は?」
と、いったんふなっしーだけ退場させて
その間にあつっしーにもスポットを当てて番宣させる
その流れのさりげなさ。
うまいよね。
 
ふなっしーが強烈キャラだから
ともするとゲストのもうひとりが埋もれちゃうことを
ちゃんと気配りして調整する。
 
嵐の番組ではたまにそういうところでストレス感じちゃうんだけどね。
 
でも中居くん、ちょっと前まで私
(この人、ゲストへのリスペクトの足りないところがあるな)
と感じていたけど、
ずいぶん変わった、印象。
 
 
そして慎吾ちゃんはふなっしーとは毎週いいともで一緒だから、
水分補給のタイミングとか、イリュージョンの使い方とか、
一番よく理解してて気を使ってくれていた。
 
 
つよぽんとゴローちゃんとキムタク兄さんは、
ふなっしーという不思議な存在に
とにかく興味津々というところから始まっていたけど、
イリュージョンから漏れる中の熱気が物凄いんだと知った時、
興味から優しさに変わっていった。
 
とくにキムタク兄さんは
「これ、内腿に挟むといいよ」とアイスノンを差し入れてくれたり、
こまめに水分補給してくれたり、
あの人、すごい気が利く、デキル人なんですよ。
ぶっきらぼうだけど温かいというか。
そんなところも含め人の心を鷲掴みしちゃうんでしょうね。
スターだわ。根っからの。
 
だってね、水差し入れるとき、
イリュージョンのところを
トントンってノックするんですよ(*゚ー゚*)
 
ズッキューーーン だよね
 
 
そしてそして、きわめつけ。
何度もリピしてしまうところ。
 
「TVで見てるだけんときは、なんだコイツ!って思ってたけど、(思ってたっぽいね…(-_-;))
でもホント頑張ってんだね。オレこれから応援するよ」
 
こんなツンデレな言葉をかけられたら、
そりゃあね、ふなっしーも
 
「あひゃっっ(照)  ありがとございますなっしー(ぺこり、ぺこり)
…うふふ…(鼻声)    …嬉しいなっしなー
泣けてきちゃったなっしー(´;ω;`)ウウ・・・
ぐしゅ…(鼻をすする音)」
 
 
もうね、見てるこっちがジーンときちゃって…
もらい泣きしてしまったよ
 
だってふなっしーはほんとにがんばってるからね。
ただ目立ちたくてやってるわけじゃなくて、
ほんとに、みんなを喜ばせたいってサービス精神の塊だからね。
踏まれたって転んだって、立ち上がってきたんだよね。
 
それをさ、こんなスターにさ、認めてもらったなんてさ
嬉しいよね。
 
 
嬉しいよ  私も。
 
 
だからそのあとのしんごっしーの半端ないサービス精神にまで
ジーンときちゃったよ。
 
 
裏でやってた、翔くんのしゃべくりも、
気持ち悪いほど細かい翔くん、面白かったけど、
 
でもごめんね
 
スマスマのふなっしーは、保存版だわ
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月11日 (火)

翔くん ごめんね

来週のしゃべくりに翔くんが出るっていうから

録画予約しようと思ったら
裏のスマスマにふなっしーが出るって
 
 
ごめんね 翔くん
 
 
うちでは 翔くん<ふなっしー なのです
 
 
私だけの意向では決められないけど
 
おーちゃん≧ふなっしー
でもたまに
 
おーちゃん≦関ジャニ∞だったりする
 
子ども相手に大人げないことできないのでcrying
 
そんなわけです
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月28日 (金)

VSかざまぽん

ああ! 楽しかった!

私のかざぽん歴は、嵐より長いからね。
金八先生で知ってJrの番組見て、アレ?この子ってホントは意地悪な子じゃなくて陽気でよくしゃべる子なんだと知って、ちょっと注目してたからね。
おーちゃんは京都行ってたからそのころの東京Jrとの関係性がつながらないんだけど、あのへんは同世代の幼馴染みなんですね。みんな楽しそう。ワチャワチャガチャガチャして。
かざぽん効果か。なんなのか。
最近とみに相葉ちゃんのやさしさがかわいく感じててheart02
こんな子、そばにいてほしいなーって本気で思う。
お友達のかざまぽんと一緒だと、よけいに楽しさ倍増、やさしさ倍増。相葉ちゃんは声がとても優しくて好きです。最初聞いた時はガサガサして雑味の多い声質だと思ったけど、大人になってそれが優しい声に変化してきた。通りにくい力の抜けた声が逆に思いやりとか気遣いとか寄り添う感じになる。
とくに相葉マナブなんて、大成功の番組じゃないでしょうかね。
相葉ちゃんと芸人さんと無理なく楽しく自由にゆる~く進行して、芸人さん特有の大声張りあげ大騒ぎみたいなこともないから見てて疲れないし、企画も家族で楽しめて学べる。日曜6時ってサザエさん枠? それでも大健闘。相葉ちゃんの良いところが前面に出てる上での高視聴率だから、相葉ちゃんそのものがすごいってことです。
だってニノや翔くんの番組は、なんか違うもの。企画ばかりがはりきってて、ゲストも大勢で。
嵐の本質って、ゆるさだと思うんだけど。人気出ちゃうと難しいね。
そういう意味では相葉マナブは、奇跡の番組!
 
 
 
VS嵐に話を戻すと、最近、潤くんも味があってツボってるんだ、私。
あ、松潤を潤くん呼びしてる。
かわいいせいですね。
昔はホント苦手だった。顔の濃さと、くどさと、カッコつけた感じ? 声も、くねくねした腰も、ドSな感じも、まわりくどい長~いおしゃべりも、空気の読めない周囲をヒヤっとさせる発言も。黒髪でさえも。しゃべるとき曲がる口も、ホント、ムカツクほど苦手だった。coldsweats01
他の4人が、触らぬ神に祟りなし~みたいに松潤に気を使ってる感じ? 花男で人気者だから必要以上に持ち上げてる感じ?これもイヤだった。
 
ごめんなさい。
イヤだっただけに信頼しなおした反動のスキスキ感は大きいよheart01heart02
 
元々はへたれキャラだったんだもの。その素養はじゅうぶんあったんだね。
今回VS嵐の、松潤の一言一言のマヌケ感はすばらしい!拍手もの。
バンクボウリングで、かざぽんにエアーハンサムを要求する突飛な提案。
嵐5人+かざぽんでお話してるとき「ハンサムとそれは別だよ」 「了解」の発言(笑)
なんだろ。ギラギラしてるころも今も、基本、松潤の発言て突飛でテンポ狂う感じは同じなんだけど、ギラギラしてる頃は、それが戦慄覚えるような凄みをおびてたのに対し、今のそれはどこか緩やかでオマヌケ感。たぶんその発言が飛び出す頭の中は同じなのに。空気感が違う。
 
このまえの映画とか、今のドラマとか立て続けで、脱ギラギラ男になったせいだよね。きっと。
 
髪の色とか前髪おろす髪型も重要。
そしてニノが「J」呼びしはじめてから、なんか雪解けが始まったのかな。
この人をいじっても、もう怖くないですよーみなさん!って。
 
おーちゃんも松潤の言葉にいちいちツボってるけど、わかるなー。かわいいもん。いまの松潤。
 
それから、ニノ。
私が前回かざぽん来た時も気になっていたのが、ニノのよそよそしい態度。
でも今回なんとなく理解できた。
あの子は探ってたんだね。かざぽんにどういう態度で臨むのが正解かを。
ずっと昔からニノのラジオでもかざぽんの話題がちょくちょく出てた。
仲良しすぎるとあの子は意地悪になるんです。またかざぽんサイドもいじられることを望んでるふしがあったりするから。あの子なりの愛情表現なんだけど。
でもその時感じたのが、相葉ちゃんの屈託のない「かざぽんとお友達」っていう接し方。それがドーンと前面に出てて今回も最初っから相葉ちゃん主導だった。仲良しのお友達の風間くんが遊びに来たよnoteっていう何とも言えない相葉ちゃんのやさしい空気。
そっか。これで行こう。ってニノは態度を切り替えたんじゃないかな。
 
私の勝手な想像です。気になっていたので。
 
そんなわけで、最後の宝塚風ダンスはふつうの楽しい総武線仲間の3人に戻ってました。
キッキングスナイパーも、ね。相葉ちゃんのおかげ。 
ああほんとにもう、相葉ちゃんと付き合いたいくらい、コイツいいやつ。
翔くんも、どんなに内輪で盛り上がっても、きちんと宝塚さんたちを置いてきぼりしないで場の全体を見るジェントル櫻井。
く~! ほれるぜ!
 
こんなに語って、まったく語るところのないおーちゃんを、なぜ私は好きなんだ?っていつも思うけど、
 
違うんだ。おーちゃんは別格。
 
私の好みのタイプではぜんぜんないのに、おーちゃんのダンスと歌声と、とにかく存在そのものにはまって抜けられないんだから。
 
たとえ、コイツ! おい! しゃべれよ! 日本語勉強しろ! 頭使え!
なーんて口汚くなじっても。
好き というより 虜です。
 
 
死神くん楽しみ!
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月27日 (月)

スケート

しやがれのスケート体験。

こういう習得ものって絶対はずれない。

よく、ジュニアとか若手のジャニタレってこういう体当たりの習得ものバラエティー番組がテッパンでありますよね。

まだ上手にしゃべれなくてもワタワタやってる姿だけでおもしろくなるというか。体操を習ったり、バクテンを習ったり、格闘技を習ったり、ダンスや、中国語や、上げたらきりがないけど。

視聴者もなるほどって思いながらも、タレントそれぞれの個性を垣間見て得した気分になれる。

今回もとっても楽しかったし、得した気分になれた。

 

やっぱりおーちゃんは運動神経が素晴らしいんだなってよくわかった。

怖がらずにすぐチャレンジできちゃうのは、度胸だけじゃなく、身体を良く知っていて、これはこうすればできるってイメージ浮かぶんだろうな。それをセンスという。

相葉ちゃんも運動神経いいのは、やっぱりセンス。そうか!こうだ!って身体で掴むタイプだから、ぜんぜん先生の話聞かない自己流派。そしてテンションMAX。楽しそうで何よりです。

そんな相葉ちゃんを、翔くんは大好きなようで、もうホッコリ。

ニノも久々に楽しそうだった。

強化合宿のアスレチックのときのように、早くやりたくてしょうがなくて、率先してスタートを切るニノがここでも見れた。

そういう意外な感じが、見ててお得感。

でも、まあ、おーちゃんと必要以上にイチャコラすること自体が楽しい証拠かな。

あのふたり、他の人がレッスンしてるときはTVとか関係なく自由な練習時間にしちゃってるよ。

 

翔くんはあれでいいのよね。

ストップのつもりがアレレ?なんて回っちゃう翔くん。

それを見てるおーちゃんの目を細めたまなざしから

「翔くんて本当におもしろいな~」ってしみじみ感じてる心の声が聞こえたよ…

ターンしたときは相葉ちゃんと向き合って、「オッス」だって 櫻葉はいいね。

 

松潤はね、まず、ヘルメットかぶりなさいよ!って言いたい。

なぜかぶらないのか、スタイリッシュなんて理由なら許さんぞ! 危ないからかぶってお願い。ドラマの最中なんだから。それが心配できがきじゃなかった。

でも歌舞伎とか言われて自ら「ヨ~!」ってのっちゃう。楽しそうでした。

だからよけいにヘルメット!

 

おもちゃみたいとか、ジュニアだとか、伝統芸能の人とか、

ワイワイ言い合ってとにかく嵐くんたちが楽しそうなのが伝わってきました。

やっぱりあのアスレチックのときと似てるよね。

 

こういう楽しい体験、もっといっぱいさせてあげて欲しいな。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

「つきあいたくない」は、好きの裏返し

1週間前のHey×3トークのこと。いまさらだけど、いまさら「あれ?」って気がついて。

女子の気持ちになって選んだ、それぞれの「付き合いたくない人」って、どれも一番好きな、あるいは一番心を許せる人なんだよね。

つまりそういうことだよね。

好きだから、気になるから、わかりすぎてるから、だからこその、こいつはもういいだろみたいな。

だから見ててクスッとなっちゃいますね。

相葉ちゃんは翔くんが好き。同じお兄ちゃん気質の同志として分かり合えてる。俺の千葉見れば、ね。

ニノは言うまでもなく相葉ちゃん大好き。大好きということすら恥ずかしいほど昔からの腐れ縁。

おーちゃんはニノと、もう同化しちゃってるんだよね。わかり過ぎてもう付き合いたくないほど。

翔くんはすでにおーちゃんと夫婦のような関係性。タダ単にうちの夫こういうところあるんですよ~って世間に知らしめたかった。

松潤こそ今おーちゃんと一番の蜜月ですよ。振り付けのことなどでずっと連絡取り合ってたし。だからこそです。松潤のキライはダイスキと同義語。

 

というわけで。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月20日 (金)

最近麗しすぎる大野智

いや~、もうもう! 嵐ゴトがめまぐるしすぎて、自分のブログを更新している場合ではないのです。

こういうときは、雑誌やテレビ出演情報をこまめにお知らせしてくれるブロガーさんのところや、ツボどころの画像を載せてくれるブロガーさんのところにお邪魔して、満足しております。

だって、私にそんな丁寧な仕事できないもの。

私の言葉足らずのくだらない戯言でストレス溜めるより、お上手な言葉選びのブログを見たほうがずっとスッキリできる。

というわけで長ーくほったらかしてましたが、

昨日のVS嵐のおーちゃんが、なんだかとっても麗しすぎちゃって、

その気持ちを吐き出したくてここに来ました。

あの青と白のツートンの衣装もよかったのかな。スッとしてて。

1年前と比べても、色白で、痩せてるせいか目がパッチリで。

力が抜けてるのに、猫背感やヤサグレ感が無くて。

ああ、ホント、へたくそな表現。

キレイなはずの岡田っちと並んでも見劣らないどころか、爽やかさが漂う麗しさ。

 

今が一番いいかも。ってか常に今が一番いいを更新し続ける男。

私ね、おーちゃんの歌声とダンス堕ちなので、正直、外見にはそれほど魅かれてなかったの。むしろ岡田っちのくっきり二重のほうが好みだったけど、今見ると逆に岡田っちの顔は濃すぎて暑苦しく感じちゃう。

年取って薄味好みになったのかな、料理も顔も。

なんだろ、あの、おーちゃんの儚いような美しさ。

美しい歌声も華麗なダンスもこの美しい顔から生まれるんだよって、納得できちゃうような。

 

それに、岡田っちとハグして背中トントンした時の、身体の厚みの差を見ましたか?

「大野、薄いな」って岡田っちも思ったでしょうね。

「岡田、分厚いな」って、逆におーちゃんは思ったかな。

 

しかし、おーちゃんのラジオでも良いタイミングで岡田っちのこと言ってたけど、

「久しぶりに会ったら格闘技の師範代って、おまえいったいどうしちゃったんだよ?」って

おーちゃんが爆笑してたの、私も激しく同意。

岡田っちの上半身、完全に格闘家のズングリムックリ体型になっちゃって。

昔はもっと細くて、王子さまだったぞー。

 

でもホントに最近、急に、岡田准一くんとの共演が増えてきましたね。

岡田っちに限らずV6のメンバーがよく来てくれる。

うれしいことです。J関係の人が来てくれるだけで、内向的な嵐くんたちの温度が上がるんですよ。

とくに相葉ちゃんね。

この収録、流行語大賞発表の直後かなんかでしょうね。

楽屋でテレビ見て盛り上がってたのかな。

そのノリのまま、全部言いたい!みたいな。

 

相葉ちゃんが楽しい回はおもしろい回なので。

案の定、今回はとっても楽しかったーhappy02 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)