カテゴリー「観劇」の記事

2012年10月22日 (月)

テンセイクンプーDVD、ようやく買いました。

何年間迷い続けたことか……

ホント、いまさら?って感じですが、見所部分は、以前に某動画で見てしまったし、初回版のfreestyleがついてるヤツは今ものすごく高騰しちゃって手が出ないし、ストーリーがつまらないような評価も聞くし、買うのがトクなのかソンなのか、う~ん、う~んってずーーーーっと迷ってたんだけど、

しやがれの「忍びの智」を見て、殺陣をやる大野くん、カンフーをやる大野くん、バレエ風ダンスを踊る大野くん、汗だくで演じる大野くん。これをまとめて見られるDVDは後にも先にもこれしかないかも! と思いきって通常版を買いました。

 

 

(長いので閉じます)

続きを読む "テンセイクンプーDVD、ようやく買いました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

青年劇場「明日、咲くサクラ」

Asusakusakura このチラシに関わっていたので、観に行くことができました。スタジオ結は、新宿3丁目の青年劇場事務所ビルの地下にある。50人くらいの小さな、臨場感ある劇場。

中央に十字の通路のように舞台が設けられていて、大きなサクラの木と、簡単なベンチがひとつ。背景の色とか、チラシのイメージとぴったり合っていてホッとした。

あの日、福島の山田牧場周辺は原発の避難地域に指定され、人間は誰もいなくなってしまった。

残された牛たちと、牧用犬。そして猫やダチョウ。

牧用犬のタローは、飼い主の真紀ちゃんが言った「明日ね」という言葉を信じて、

ひたすら真紀ちゃんの帰りを待ち続ける。来る日も来る日も……

山田牧場の人間から開放されて、自由を満喫する牛と、

自分たちの手で秩序ある理想の牛社会を創ろうと山に向かった牛たちと、

避難所生活している飼い主が肩身の狭い思いをしないようにと、自ら避難所を脱出してきた猫と……

   

普通の人間たちが普通に演じるシュールなコメディーとして始まるんだけど、

扱うテーマがテーマだけに、

もちろん軽い内容じゃないものを、あえて柔らかく優しく滑稽に。

  

とっても良かった!

たくさんの人に見てもらいたかったけど、

今日が千秋楽なんです。

 

ぜひぜひ、再演、地方巡演、切望します!

  

   

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)